ふみ

大豆田とわ子と三人の元夫のふみのレビュー・感想・評価

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)
5.0
一旦9話があまりにも良かったので。
「手に入ったものに合わせる人生より、手に入らないものを眺める方がいい」、刺さった。今の私、手に入ったものに合わせた人生だった。
「あなたを好きでいるために、独りで生きることにした」、なんて強いんだろう。私は独りで生きられない。

大豆田とわ子も、3人の元夫も、これまでの坂元作品とは少し違う「社会での成功者」、お金も地位も名誉もある。
だけど、心にはいつもドーナツホールのような穴があって。
その穴を埋めるために、もがいて、強がって、時々弱くなる、
あ~これこそ大人の恋愛。

いつ恋が桃のカクテルで
はな恋がサングリアで
カルテットはコーヒーリキュールだとしたら
(自論です、最高の離婚は見途中)
これはなんだろう、ほんとうにフルボディの赤ワイン。
濃厚、耽美、大人、なのに、愛らしい、あ~どうして坂元監督の作品はこんなにも登場人物を好きになれるんだろう?
お話が終わった時、登場人物のこれからを自分がしれないことが、すっごく悔しいと思ってしまうくらいに。