パラ

地獄が呼んでいるのパラのレビュー・感想・評価

地獄が呼んでいる(2021年製作のドラマ)
4.3
突如、死亡予告された人が、その予告日時に、3体の異世界の怪物たちに凄惨に殺される。という現象が起こる世界。

死亡予告された人を罪人呼ばわりするカルト教団や過激派集団の影響で混乱し、本来の役割が機能しなくなる社会で、キム・ヒョンジュ演じるミン弁護士は、死亡予告された人の人権を守ろうと手を尽くすうち、狂信的信者たちの的になってしまい…って感じのお話。

突飛な設定とグロさだけが売りではなく、そこから描かれるのは人間の持つ本質的な性質。恐怖、絶望、欲望、愛憎などのあらゆる感情。
倫理観や正義感などは、もはや風前の灯で、集団心理の危うさなど、ハラハラ要素が盛りだくさんだった。

にしても、魔女狩りよろしくSNSで晒されるって逃げ場がなくて本当に怖いですね。怪物もすんごい怖いんですけど、人間の怖さも負けてなかったです…💧

役者陣の演技が本当に上手くて、特に死亡予告された人たちが表現する、苦悩や恐怖が生々しくて、ビビりながらついつい一気に見てしまいました。『死』を覚悟するとき、真っ先に思い浮かぶのは愛する人たち。恐怖が発端となる行動にも『愛』があるのは人間らしかったです。

ユ・アインの存在感がまたまた良かった!何考えてるかわからない。どこか虚ろで不気味で、うさんくさい教祖さまは、いるだけで作品がピリッと締るカリスマでした。
いつも優等生然としてるキム・ヒョンジュもタフな女に昇格で、カッコ良かった!
ウォン・ジナの健気さには泣かされる😭

最後、すごーーーく気になる終わり方だったけど、もちろん2がありますよね? 
ということで、原作読まずにお待ちしています🙏