茶一郎

シャープ・オブジェクト KIZU-傷-:連続少女猟奇殺人事件の茶一郎のレビュー・感想・評価

4.6
 ドラマ的には『ビッグ・リトル・ライズ』の監督ジャン=マルク・ヴァレ× 『ゴーン・ガール』原作ギリアン・フリン最凶コンビドラマ。

 田舎町で起こった少女惨殺事件を捜査するものの、田舎特有の閉塞感としがらみに苦しめられ土着的な風習と対峙することになる『トゥルー・ディテクティブ』的南部ゴシック×毒親が多数登場する『ヘレディタリー/継承』も驚く「嫌家族モノ」。
 
 もうこれだけで嫌ですが、最後の最後のある瞬間に、椅子からひっくり返るほどの衝撃が嫌なプレゼントされます。【記録】