ニュースなあいつのドラマ情報・感想・評価

ニュースなあいつ1992年製作のドラマ)

公開日:1992年07月04日

製作国:

3.2

「ニュースなあいつ」に投稿された感想・評価

こっとん

こっとんの感想・評価

3.2
0

このレビューはネタバレを含みます

VHSレンタルで視聴。
20代の本木雅弘とても格好いい。
モックン演じる主人公の男は新進気鋭のニュースキャスター。
破天荒だが行動力抜群。仕事への熱意があり、ジャーナリストとしての誇りをもっている。
恋愛面では流されやすくいい加減で、元カノ(水野真紀)を突き放せない。
同僚の女子アナ(井森美幸)と両想いなのに向き合わない。

途中までは楽しめたが、最終回が本当に納得いかなかった。より細かく言うと、後日談が悲しかった。
担当のニュース番組が終了。山口美江演じるメインキャスターが退社してフリーのジャーナリストになるという流れだったが、後日談では弁当屋のおばちゃんみたいになって、フリーでの活動は失敗した様子。
モックンは後番組のメインキャスターに昇格したが番組スタッフに馴染めず。なぜかふったはずの水野真紀と元サヤになってて、彼女の実家の盛岡で農家になってた。
(彼女との子供を連れて局に戻るラストシーンはあったので新たなストーリーが示唆されていた?)
井森美幸は落ちこぼれ女子アナから売れっ子アナウンサーに成長を遂げててそれだけが救いだった。
ていうかもっと普通の大団円で良かったのに…モックンと井森美幸が長い両片想いを終えて相思相愛になった様子が見たかった。

最終回の翌週に放送されたという爆笑総集編が見たかったが、レンタル用のVHSに収録されていなかったのも残念だった。