ginny

獣になれない私たちのginnyのレビュー・感想・評価

獣になれない私たち(2018年製作のドラマ)
4.0
ドラマの主人公って、ヒーローだったり、ダメダメだけど人情味があるひとだったり、個性がすごく強い傾向にあるけれど、けもなれでは、いたって普通だけれどもいろいろなところで少しずつ我慢している沢山の現代人のひとりである晶を主人公にしているところがすごくリアルで良かった。無意識に我慢を重ねていた晶が、少しずつ勇気を出して自由に生きられるようになっていく姿が泣けました。そして、よくよく考えてみると本当にバカらしいなと思う社会の決まりごとや価値観にガツンと警笛を鳴らしてくれる野木亜紀子さんの脚本が好きだなと改めて実感した作品でした。