伊藤大晴

北の国から '92巣立ちの伊藤大晴のレビュー・感想・評価

北の国から '92巣立ち(1992年製作のドラマ)
4.0
前編は正吉が出てきたり、五郎さんの苦悩やら蛍の苦悩やらでみんな大変やなぁ。
田中邦衛さんはほんまに泥臭くて汗かいてる役が似合う。
後編はいきなり文太さん登場、そして純をぶん殴り邦衛さんに純がやってましまった事を投げかける場面はグッときた。
ついに長渕剛さんの「西新宿の親父の歌」まできた、やっぱりええ歌や。