きなこ

蝶の力学 殺人分析班のきなこのネタバレレビュー・内容・結末

蝶の力学 殺人分析班(2019年製作のドラマ)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

シーズン1はフィルマークスのイベントで見た。
(たしか、元警察官の方?がお話しくださって楽しかった)
シーズン2をすっ飛ばしてしまいました。

間を飛ばしたせいなのか、塔子ちゃんの成長が凄まじい。真っ直ぐで頼もしい。
危なっかしさをフォローしてくれる相棒鷹野さんは相変わらずかっこよかった。
その2人だけじゃなくて、警察チームが全体的に、嫌味なく良識的でかっこいいのが良い。
塔子ちゃんの成長途中の姿が嫌味なく映える気がする。真っ当に育てられてる感じというか。

11係、いっけいさんも、勝村さんも、チームプレイを見せてくれます。
罠の解体でうっかり涙が出たりしつつ、
推しはビルカワくんです。
最後の着手!が上ずってるところまで好き。
警察ドラマにありがちな、出世と体裁ばっかりの上司キャラは出てこなくて、
警察の尊厳のために真っ当に頑張ってる人たちばかりなので安心してみれました。

映画に比べて、時間の制約がそこまでシビアじゃないので、ミステリーとドラマって相性いい気がするなぁ。
肝心のメインの事件は、ラスト切なかった。
ただほんとに面白いのはその後の1話です。
序盤からフレームインしてくる気になる人たちが軒並み捜査線上に上がって油断してたら、レクター博士的な真打が登場。
最初から一癖ありそうだった菊池凛子さんでしたが、それにしても怖かったです。笑
鷹野さん大ピンチで、かっこよさ封印かと思いきや、めっちゃおいしいところ持っていきました。

父のような相棒がすっかり馴染んだところで、鷹野さんとお別れ。塔子の成長物語として一区切りなのかなー、でも続きが見たい。笑

ものすっごいちょい役の弁護士がさりげなく田中要次!!!
顔がほとんど映らないシーンもあって、
似てる人だな〜と思ったらエンドロールにお名前が。見間違いかと思った。笑