linen

同期のサクラのlinenのレビュー・感想・評価

同期のサクラ(2019年製作のドラマ)
3.9
1話1年分で10年分の話との事。冒頭から衝撃的な展開だけど、話が進む事に詳細が明らかになるのだろう。高畑充希演じる女の子の行動が独特で、何か普段自分達が後回しにしている大事な何かを伝えてくれているような。5人の社会人としての成長も楽しみに今後の展開に期待。

追記
最終回まで楽しく鑑賞。
最終回楽しみに待ったのも久しぶり。
「良い。ひじょーにイイ」
若者の働き方にフィーチャーしたドラマ。沢山の事考えさせられ伝わりました。
まず高畑さん演じるサクラのキャラが絶妙。全く笑わず忖度せず、建築に対する情熱は逸脱していて、嘘をつく時は早口になる。オリジナルの方言もあったし、カメラの構え方も独特。難しい役所、好演でしたね。
同期の一人一人の長ゼリフはちょっと退屈に感じる事もあったが、サクラの不遇な境遇に心が重たくなる時は私も助けられた。
じいちゃんのFAXも核心をついてた。
椎名桔平さん演じる黒川、良かった‼︎
独特のテンポの台詞回し、興味深い。良い人なのか悪い人なのか…若い視聴者が観たらどう思うのだろう。最終回、野心家の黒川の人物像に触れる事ができたが、まだ知り足りない感じ。huluのサイドストーリーも気になる。