りん

Womanのりんのレビュー・感想・評価

Woman(2013年製作のドラマ)
4.0
田中裕子さんが素晴らしい、、。エボシ様の声やぁーが第一印象笑 声といい表情といい佇まいといい全部が好きです。圧巻です。役そのものの人間のその人がそれまで生きてきた時間を背負い醸し出すのがえげつなく上手だと思います。それによくわからないけど泣きそうになる。
田中裕子さんの顔は見えないけどほっぺしか見えない斜めの角度とか背中とか見切れた身体の一部からも表情が見えて不思議だなぁと思いながら流石過ぎました。
ナマケモノさんもいい役してたなぁ。

自分の母親のことも考えたりしたな。自分の母親もシングルマザーの時期あったからここまでとは言わずとも想像できない母親の苦労ってあったんだろうなぁとか。何考えてたのかなとか。いつまでも母と子は母と子で。何歳になってもそうで。
時間は家族のために使いたいと思った。おかんと思い出話したいなぁと。自分も母親になっておかんと話したいなぁって。「育てられたように育つ」って言葉そのままやけど、してもらったように子にしたいと思う。愛されてたように愛したいと思う。

ストーリーはこんなにも絡まるのかと言うぐらい絡まり合ってしんどいけど、坂本裕二の言葉に気付かされることは今回も多い。

「子供は思い出で大きくなれるの」

「人生に答えなんかないんだって。生きてる限りいろんなことがあるけど、答えなんかなくて人は最後のページを読めないんだよ。最後のページを読めるのは子供たちなんだよ。
僕と小春が生きて来た答えを見つけるのは、子
供達なんだよ。いつか、僕達がいなくなった後、子供達が、僕達が生きて、つづった人生を読む。僕達の人生を、子供達が読んでくれる。そのために生きる。できるだけ誠実に。できるだけ一生懸命に。子供達に恥ずかしくないように。」
りん

りん