がく

川の底からこんにちはのがくのレビュー・感想・評価

川の底からこんにちは(2009年製作の映画)
4.7
苦しいとき、悩んでるとき、観ると救われるかもしれない数少ない映画の一つで、邦画であることは非常に稀なこと。
生きるエネルギーを充足してくれる。

粗暴で怠惰な空気が流れているようでいて、実は緻密な演出が施されていて、監督の力量が並みのものではないことを感じずにはいられない。
恐らく満島ひかりもそんな監督に惹かれたのでしょうね。もちろん満島ひかり自身も光ってる。

もっと多くの人が観てみるといいと思う。