川の底からこんにちはの作品情報・感想・評価

「川の底からこんにちは」に投稿された感想・評価

sayu

sayuの感想・評価

1.0
主人公開き直りすぎにも程があるし(テンションにもついていけない)、登場人物のクズ率多いし、下ネタキツいしで、自分には全く合わなかった。社歌②だけは良かったけど。もう2度は観ないな。
序盤、トーキョーに居るときはしんどい。ぱって時計みたらほとんど時間たってなくてびっくりした

でもちゃんと引き込まれました
性が生む絆、かっこいいよ

諦めは時に腹をくくることでもあると思う
諦めたニンゲンは恐れが無いから強いんだよね
上手に諦めていきたいね
全然美しいよ

あのスイカをたべるのはちょっとな、、
コピルアク的な
いぬ

いぬの感想・評価

-
フラストレーションがめっちゃ溜まった
後半期待したのにスッキリもしなかった
下ネタも合わなかった
もちろん私は中の下なんですけど、響かなかったから単純に合わなかっただけか
男ムカつくwww
s

sの感想・評価

2.0
GYAO!
・これはコメディーなの?
・健一女々しすぎ
・サワコのしょーがない感は分かるw開き直り大事w
・シジミの歌シュールすぎる
佐和子の自分を卑下してるけど、だけどだからこそ頑張ろうっていうのに元気をもらえた気がする。
あの男はつくづく…^^;
o

oの感想・評価

3.6
満島ひかりさんと元旦那の監督の馴れ初めとなった作品。

やはり満島ひかりさんには爆発的な魅力がある。

シュール過ぎて逆にクサさもあったけど、後半の開き直りは最高でした!
辛い時ってよりはやんわりやな事が続いた時に観るといいかもしれない
あやか

あやかの感想・評価

2.7
最初は満島ひかりのローテンションさに若干気分が落ちて行く。
割と初っ端からソフトに下ネタが出てくるため、食事時には観れない。
非常にシュールで、このままこの状態が続くなら観るのを辞めようかと途中思ったが、社歌を作るシーン辺りから急激に面白くなった。
最後に怒涛のスピードで駆け抜ける感じがスカッとする。
3/4我慢して観るから最後が笑える映画。
真子

真子の感想・評価

3.8
満島ひかりの演技が
気持ち良すぎたな

皆んな駄目だし
所詮皆んなしょーもないし
だから頑張るしかない

清々しい作品
Yuri

Yuriの感想・評価

2.6
満島ひかりが10代と言ってもいいくらい若く、若い頃の満島ひかりはパワー押しだった気がします。佐和子にスイッチが入るまでが小さな笑いくらいしか起きないテンションの低さで、新井(遠藤雅)はめっちゃイライラする男だし、そこで寝ちゃう人はいるかもです。佐和子の振り切り方は、お父さんもびっくりの方向転換で、もし、自分の子だったら、心配で死ねないよなぁと同情してしまいました(^^;)一念発起するまでがウダウダと長いわりに、動き出したらあっという間に工場を軌道に乗せてしまうのも、ご都合主義過ぎて、まぁ、工場の話ではないので良いのかも知れませんが、現実離れしていて、少し冷めてしまいました。あと、猟師のおじさんの台詞(笑)きっと、昔の男性たちはこういう映画を観て「浮気してもダメでも偉そうにしてていいんだ。」って思っちゃったんだろうなぁと、かっこいい黄昏が、女性からしたらファンタジーの世界に生きている子どもにしか観えませんでした。でも、石井裕也監督らしい良さは満載の映画で、満島ひかりの魅力も生きていて、面白いは面白いので、機会があったらぜひという感じの作品です。
まこと

まことの感想・評価

3.5
石井裕也監督の初期作品ということもあって完全にインディーズ系の映画やから、なんだかんだで20人くらい出演者がおるのに満島ひかりと志賀廣太郎くらいしかキャストがわからへん笑


ズバリ妥協と諦めで成り立ってる人間の成り上がり映画

ひかりちゃん「しょうがないから」って何回言ったよ!?

でもこのタイプの人間はびっくりするくらい開き直れるから悪いばかりじゃないのかも


いやー、それにしてもハンパなくシュール!!

フルコーラスで歌いきる朝礼の社歌のシーンとか、肌をグサグサと刺してくるような子役の女の子のブラックジョークとかほんまおもしろい笑
>|