Hero

楽日のHeroのレビュー・感想・評価

楽日(2003年製作の映画)
4.0
考え込まれた構図における固定カメラでの長回しを多用し、ゆっくりと静かに大型映画館の楽日(興行の最後の日)を淡々と撮っていた。セリフもほとんどなく、環境音が響き渡る。ストーリーは映写技師の男に恋をする受付の女、映画館をふらふらしながら男を物色しているゲイの男、2人の映画俳優、この3つのストーリーを軸に群像劇と言えるほどの繋がりはないが、映画館での時間を共有している人々がテーマ。天気がまた土砂降りの雨っていうのが雰囲気に深みを出してる。実体がないというか、フワフワしてるというか、特に内容はないけど無性に映画館に行きたくなった。映画館への愛が伝わってきた。ツァイ・ミンリャン監督初鑑賞だったが、他の作品も観たくなった。