楽日の作品情報・感想・評価

楽日2003年製作の映画)

不散/Goodbye, Dragon Inn

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

3.9

あらすじ

閉館の日を迎えた古い映画館では『血闘竜門の宿』(67)が上映されていた。主演しているミャオ・ティエンとシー・チュンの姿もまばらな客席に見える。受付係の女の思慕は、映写技師の男に届かない…。ツァイの映画愛が散文のように綴られる。ヴェネチア映画祭でFIPRESCI賞を受賞。

「楽日」に投稿された感想・評価

Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.5
初めに言っておくと、娯楽を求めて見てはいけないやつ。
退屈とも感じるけど目が離せないのはノスタルジー溢れる映画館が懐かしく感じるからかもしれない。
地元の潰れた映画館を思い出す。
幻影な人々。幻影としての映画。
閉館する古い映画館の様子を流しているだけの内容。ほぼセリフなし。す、すごい!ゆったりとした時間だけが流れる。何も起こらないけど素晴らしい時間。ずっと続いてほしいと思うけど閉館の時を迎える。加えて台湾の雨の美しいこと!
モウリ

モウリの感想・評価

4.0
映画館って周りが気になってキョロキョロしちゃうのすごくわかる
イトウ

イトウの感想・評価

4.7
点数は適当だけど、今まで観たツァイ・ミンリャンの映画の中で一番好きだと感じた。映画館「福和大戯院」の様子とそこで上映される映画『残酷ドラゴン〜』、その二つの静/動のはっきりとしたコントラストが物悲しい。あと、アジア映画の雨ってなんでこんな癒されるんだ...
ツァイミンリャンの映画はこれが4本目。どうしてもリーカンションをひいき目で見てしまう…何を占ったんだろう。
Stream

Streamの感想・評価

4.3
映画を観ているお客さんたちがとても面白かった。
映画館ならではの他人の出す音や、空席がたくさんあるのに隣に座ってきたりとか、まわりが気になってしょうがないところはみんな共感できる。

男性トイレでみんなで並んでずーっとしているシーンがよかった。

ツァイ・ミンリャンの映画でこんなに観やすく、笑えて気持ちがいいのは初めて。
進む時間と止まった時間、その場所でそれぞれの想い。ゾクッとしてほわっとなりました。
七時間バイトしたあとで立ち見でみたのでみてるときはなっげーーーーーーーーもう無理と死にかけてましたが帰りの電車で思い出しながらインタビュー読んで自分なりに色々考えてたら涙めっちゃ出てきて浸りました。
みてるときはこれもう二度と見ないっておもっとったけど次の日になってもう1回みたいかも…。
私は短気でせっかちなので長回しはなっげーーっと思うけど独特のテンポだったしこんな速度で生きていきたい、こんな速度の人生かっいいかもってあとあと思いました。
画面いいなぁーとしみじみ思えたのが良かったです。
Mouki

Moukiの感想・評価

3.5
記録

幼い頃に古い映画館に通っていた人ならノスタルジックを感じるはず。
ホントーにホントーに静かな映画。
>|