楽日の作品情報・感想・評価

楽日2003年製作の映画)

不散/Goodbye, Dragon Inn

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

3.9

あらすじ

閉館の日を迎えた古い映画館では『血闘竜門の宿』(67)が上映されていた。主演しているミャオ・ティエンとシー・チュンの姿もまばらな客席に見える。受付係の女の思慕は、映写技師の男に届かない…。ツァイの映画愛が散文のように綴られる。ヴェネチア映画祭でFIPRESCI賞を受賞。

「楽日」に投稿された感想・評価

最初の一部観てないし、真面目に観てなかったので、評価はつけられず。


古い映画をひたすら上映する台湾の格安の映画館、二輪戲院の1つが閉鎖される話。
話といっても、あまりナラティブというか筋みたいなものはない。

でも、その中でも色んなテーマが盛り込まれてるらしい。
ものすごく心地よい映像だった。テキストの存在は理解の方向性を固めてしまう。徹底的に映像の力を見せつけられ、僕はこれまでとは違う新たな映画の世界に誘われた。
フィルマークスのあらすじを読んじゃだめ映画
床ずれ

床ずれの感想・評価

5.0
幽霊は境い目にこそ宿るとすれば、この映画も、明と暗の境い目、過去と現在の境い目、現実と非現実の境い目の映画だった。思えば、「すれ違い」も、境い目でこそ起こりうる。
なんかいいなぁ〜とか思って見てて、そのあと分かってる人の説明を聞いて鳥肌が立った。
自分が未熟なだけに、惜しいことをした。
ask

askの感想・評価

4.8
決して紙芝居的でない。存在としての霊的魂を強く感じる映画。しかもそれでいてラブストーリー...素晴らしい!
この肌触りが感じられないというお方、「ニューシネマパラダイス」で存分に涙をお流し下さいませ  蔡明亮ツァイ・ミンリャン「楽日」

私自身が10代の頃、学校と自宅を除けば自分の時間のほとんどをそこで過ごしていたふたつの映画館を引き合いに出す気は毛頭ありませんが大阪西梅田の大毎地下劇場と毎日文化ホールです。

「楽日」の中の最終上映作品はキン・フー(胡金銓)の傑作「血闘竜門の宿」だからと言って大毎地下劇場の最終上映作品を挙げる気なんか全然ありませんが「天井桟敷の人々」と「勝手にしやがれ」でした。

この作品中の映画館には幽霊が出ますが昭和の場末の映画館には痴漢と幽霊なんてしょっちゅう出ておりました。
映画男

映画男の感想・評価

3.5
閉鎖前の映画館を舞台にした映画。

大阪のミナミにあるボロい映画館を思い出した。
スクリーンが二つあって、一つはオフロード作品3本立て。もう一つがピンク映画。その映画館は便所がスクリーンの側にあるから席にいてもかなり臭うし、このご時世でタバコ吸いまくり。おまけにハッテン場としても有名で劇場の隅っこではなんや人が集まってゴソゴソしてる。そこに昔何も知らずに行って、「二度と行くか」と思ったけど、この映画観たらなんか懐かしくなった。
すあま

すあまの感想・評価

3.3
映画内で映画が始まってその映画が終わると、この映画も終わる。
その間に何があるってわけでもないけど、みんなの動きがゆっくりで、全てのカットで異常なまでの長さ。
タバコの火を貸してもらうまでの長い旅
山

山の感想・評価

-
驚くくらい言葉がない。映画全体を通して、まるでホセ・ルイス・ゲリンの作品を退廃させたような雰囲気。気持ち良くなって途中寝てしまったので採点なし。
>|