楽日の作品情報・感想・評価

楽日2003年製作の映画)

不散/Goodbye, Dragon Inn

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

3.9

あらすじ

閉館の日を迎えた古い映画館では『血闘竜門の宿』(67)が上映されていた。主演しているミャオ・ティエンとシー・チュンの姿もまばらな客席に見える。受付係の女の思慕は、映写技師の男に届かない…。ツァイの映画愛が散文のように綴られる。ヴェネチア映画祭でFIPRESCI賞を受賞。

「楽日」に投稿された感想・評価

今日閉館する映画館。
客は少なく、館内は汚く、おまけに幽霊までも出る。

セリフがほとんどなく、長回しのシーンが多い。幻を見ているような感覚になる。
jyojyo

jyojyoの感想・評価

4.0
夢か現か幻か
まるで現代美術の立体作品の中に自らが入って見ているような、不思議な感覚になる映画。劇場で観るべくして観れた作品。素晴らしい!
閉館した京都みなみ会館で最後の日に観た。
頭が痛かったしあまり楽しめなかったけど、いい作品だと思う。また観たい。
こめ

こめの感想・評価

4.0
閉館する映画館を描いてる。

流行りの最新映画だけを上映する大きな映画館には無いものが詰まってた。

セリフがほとんど無くホント静か(退屈とも言える)なんだけどあの観客同士の人間模様が愛おしかったなー

ほんまに小さな映画館のあの空気好きです。

あと閉館する満員の映画館で、誰もいない映画館を眺め続けるっていう不思議な体験をしましたw
呑芙庵

呑芙庵の感想・評価

5.0
閉館する京都みなみ会館で最後にみた映画。タバコの煙がゆっくりと残りの時間をはかっていくような、そんな映画だった。誰もいなくなった映画館を何分にも渡って写し続けるのは驚きだった。
山

山の感想・評価

5.0
映画館には亡霊がいる。
楽日に対する愛情、グルーヴ。
映画館で働いてる人達や映画館を愛す人達へ贈る鎮魂歌。

ありがとう、京都みなみ会館!!!
さよなら、京都みなみ会館!!!
オガ

オガの感想・評価

5.0
映画館も生き物なんだなーと実感しました。胸がつまります。
京都みなみ会館にて。
Mayashico

Mayashicoの感想・評価

4.5
なんかじわじわ感動してくる。

英題が“Goodbye, Dragon Inn”てのがまたいい。(本作内で上映されてる映画『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』の英題が“Dragon Inn”)

ラストショットに日本映画的哀愁を感じてしまったのは、挿入される楽曲「留戀」が、「蘇州夜曲」や「青い山脈」で知られる日本人作曲家、服部良一の作であることによるのかもしれない。(「留戀」の原曲は服部の「チャイナ・タンゴ」という曲)
htm

htmの感想・評価

3.2
相変わらず台湾の光と、症状「秒針が止まっているように見えるんだよね」を言う少女が話している間に進むのをひたすら待つ長い長い時間の伸縮が「重軽」として視覚化されておった
最初の一部観てないし、真面目に観てなかったので、評価はつけられず。


古い映画をひたすら上映する台湾の格安の映画館、二輪戲院の1つが閉鎖される話。
話といっても、あまりナラティブというか筋みたいなものはない。

でも、その中でも色んなテーマが盛り込まれてるらしい。
>|