いち

八日目の蝉のいちのレビュー・感想・評価

八日目の蝉(2011年製作の映画)
4.0
愛した証を育むこと


鑑賞後、私は主題歌で号泣。旦那ははっ、これは何が言いたかったの?と真逆の反応だった面白い作品。男女でこんなにも感じ方が違うのかと思った作品は初めてでした。

もちろん、映画の好き嫌いはあるとしても、やはり女性にとって、愛した人の結晶はどうしても手に入れたい、命を懸けてでも産みたい大切なものであって、子供に人生を捧げることは命を懸けて手に入れた、愛の結晶を育て上げることなので、愛したのにそれを手に入れられなかった誘拐犯に対しても、育てられなかった誘拐された側に対しても、感情移入してしまい、終始複雑な悲しくて、どうしようもならない気分になってしまうのではないかなぁと思います。

井上真央さんはじめ、キャスト陣の演技は素晴らしく、小池栄子さんの棒ぽい演技も、精神が不安定な感じが出ていて、個人的にはしっくりきていました。

結構観た人で感じ方は変わるので、何人かでみてみると面白いかもしれません。
つまらないと思った方でも、とりあえず女性を妊娠させることがいかにその人とお腹の子の人生を変えてしまうことだけでも分かってくれたら嬉しいです。