八日目の蝉の作品情報・感想・評価・動画配信

八日目の蝉2011年製作の映画)

上映日:2011年04月29日

製作国:

上映時間:147分

3.6

あらすじ

「八日目の蝉」に投稿された感想・評価

shin715

shin715の感想・評価

4.2
自分が最も泣いた映画かもしれない。中島美嘉の主題歌も合ってる。
丸山

丸山の感想・評価

3.8
なんでこんなに悲しいのかわからないけど、すごく泣いた。誘拐したことは許される事ではないけど、感情移入してしまう。愛情って大切だと感じた。
Marika

Marikaの感想・評価

3.4
永作博美連チャン
2日前あるごめとりいで日野OL不倫放火殺人事件を取り上げてたので観ました。めとらーです😈
しぃ

しぃの感想・評価

3.7
今まで懐に温めてた作品。
久しぶりに井上真央さんを観た気がする。

永作さんも小池さんもみんな演技凄い。

この物語で言うと、
生まれてから4歳まで当たり前のように誘拐犯を母だと思っていたんだから、物心ついていざ「本当の母だよ」と言われても、困るし大人のエゴだよなと思ってしまった。

何がその子にとって1番の幸せなのか難しい。
カオルに色んな景色をと約束した矢先に、参加した祭りの写真が新聞に載ってしまうのは私的に悔しかった。

どこかの海外で誘拐犯を母だと思って暮らしていた事件もあったなぁ🤔
役者さんの演技がとても良かった。久しぶりにヒューマンドラマってもんを観たなって感じ。
小池栄子さんは最初「こんな演技だったっけ?」と思ったけど、段々とその役の設定が分かってくるとこういう演技なのも納得。やっぱり上手だなあ。
本屋大賞受賞作の映画

泣ける映画
井上真央さんと永作博美さんの演技力が凄い
Basco

Bascoの感想・評価

4.0
過去と現在、場所と人をリンクさせながら紡いでいくプロット構成が秀逸であった。

重要な場面は長回しでとことん撮る。
それはまるで劇中のママと娘が話す「色んな景色を観ようね。」というセリフに繋がっていると思えるくらいいい演出であったと思う。

娘の過去と現在の記憶が繋がった瞬間に一歩前に自分の意思で進む決意をした瞬間にグッときた。
TokoK

TokoKの感想・評価

5.0
傑作。原作の物語自体が素晴らしいのは言うまでもない。先行したテレビドラマの質も高かった。それをも踏まえた上での映画化で、結果的にまったく別の次元に到達した。
球体のように美しい映画である。冒頭の裁判所のシーンから、最後の小豆島の港のシーンまで、無駄なカットは一コマも無い。そのすべてが美しく、印象に残る。映画を見終わり、外に出て、家に帰るまでの間に、もう一度すべてのシーンを思い出してみた。全部憶えていた。久しくなかったことだ。
冒頭のフェード・イン&アウトと大写しの森口・永作、誘拐の日の雨、坂の上の不倫相手の家、赤ん坊の天使的な笑顔、豪雨の坂道を赤ん坊を抱えて駆け下りてくる永作、ホテルで泣き止まない赤ん坊に乳のでない乳房を思わず含ませる母性、逃避行の最中エンジェルホームの沢田久美との白日夢のような出会い、など書き出せばきりがない。エンジェルホームから山道を下りる時、母娘で見上げた星々や、小豆島の中山千枚田での虫おくりで、道なりに進んでいく火手の行列はその中でも特別な地位が与えられようが、そう書きながら、滝写真館の椅子や、写真館主田中泯の凛とした立ち姿、舞踏のような歩み寄りが甦るのを押さえることができない。
物語は、恵理菜が、薫として生きた濃密な四年間を発見する話とも言えるが、見事な時間処理により、話は簡潔かつ雄弁に語られる。恵理菜が生まれて現在までの時間が、つまり彼女の時間の全体が、生まれる前の実母や父の永作とのエピソードも含めて、提示される。そして彼女の薫として生きた時は、写真館の暗室の水の中に現れてくる母娘の姿として、見出される。この「瞬間」をここまで正確に描きうるのは、同様に水と親和性のあるフィルム=映画だけだ。写真館を飛び出し港まで疾走する恵理菜=薫。港の道に倒れ込んだ恵理菜=薫はお腹の子供を産んで、愛することを誓う。そう、これは愛の映画であり、愛の再発見の映画である。この人間の根源的な感情が、この映画に出てくるすべての場所に、時と共に記録されている。
演じ手の全員がこれ以上無い演技。これを奇跡と言わずして何と言う。
ジュナ

ジュナの感想・評価

3.8
ずっと気になっていた作品。重いテーマなのにそんなに重く感じなかったです。誘拐は絶対にいけないことだけど、それでも希和子に同情し感情移入してしまいました。時間の問題だとは思ったけど、あのまま2人が親子としてずっと一緒にいられたらいいのに、とまで思ってしまいました。実の母親、生後間もない赤ちゃんを家に置いていく時点でアウトだし、父親もクズすぎる…!終盤は涙なしには観れませんでした。🥲
悪いことをしているはずなのに、なぜかこの"ママ" に同情し、誘拐した犯人とその "娘" の幸せがこのままずっと壊れないで欲しいと強く願ってしまう。
"ママ" の強い愛情に涙が止まらなくなった。

おそらくこの作品は女性からの支持は得るものの、なかなか男性には受け入れられ辛い部分があると思う。
子供を産んで育てること。母になること。その重みがどれだけのものなのか、経験したことのある人間にしかわからないことである。

母になりたくてもなれない人はたくさんいる中で、この誘拐犯がとってしまった行動は許されない行為であり、生みの母にとっては過ぎた時間が帰ってこない苦しみが永遠となってしまった。

生みの親と育ての親、どちらの苦しみも理解できるのでとても辛くなるのがこの作品のみどころであるけど、

何より、何も悪くない "娘" の気持ちは誰が考えていたのであろうか?

育ての親の元に返される。これは当然のことだけれど、たった4歳の子に何がわかったのだろうか。
その子が育ってきた過程を想像しただけで苦しい気持ちになった。

ラストでは、ずっと自分は何者なのか、なぜこの人生なのかもよくわからずに大人になってしまった娘が、自分の意思で答えを出すシーンにグッとくる。
>|