八日目の蝉の作品情報・感想・評価

八日目の蝉2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

3.6

「八日目の蝉」に投稿された感想・評価

まるこ

まるこの感想・評価

4.2
小池栄子、演技うまくね?
観たのは二回目だけども、泣きました。
miiiii

miiiiiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

原作をかなり前に読んだことがあったけど、うる覚えな感じで鑑賞。

誘拐、、、こんなのダメに決まってるけど、なんだか応援してしまう。
キワコの優しい表情が切なくて。

ただ、すべての元凶は父親の不倫。もうほんとそれが全て。父親のせいで何人の人が人生めちゃくちゃにされたんだろう。

エツコは毒親のように描かれているけど、こうなるのだって仕方ない。
愛した人に裏切られ、子供を誘拐され(家に残しておくのはどうかと思うが)、帰ってきた娘は憎い愛人を母親だと思い込み、自分には懐かなくて焦る。気が狂って当然。

チグサの役はとてもよかったなー
おどおどしながらも優しくて、不器用ながらも必死に支えようとする。

最後は少し希望が見えてよかったかな。
無償の愛ってすごいな、、。
おまめ

おまめの感想・評価

3.4
何故だか捕まってほしくないと思ってしまう…。終始どこか切ない。
なんで今まで見なかったんだろう、、
こんな素晴らしい作品、、、😭

無償の愛と、見返りを欲する愛の二つが複雑な背景のもとに描かれていた。

不倫の末できた子供を堕した希和子は、本妻の子供を一目見たいと不倫相手が家を出た隙に侵入。
そして出来心で赤ん坊を誘拐してしまう。

そもそもなぜ生後数ヶ月の子供を置いて夫婦で出かけんの?!なんて苛立ちがおこります。
不倫していた男の家はネグレクト感満載の雰囲気で、赤ん坊の笑顔だけが天使のように輝いており、限界だった精神状態の希和子がその子を誘拐しまったのもなんとなく納得できる。犯罪だけども。

そこから希和子の逃亡生活と、大学生となった赤ん坊のエリナの描写が交互に描かれる。

個人的には、希和子が赤ん坊を誘拐しなくても、エリナは同じような心理状態に陥ったのではないかと、、。
子供に対してほとんどイベントごとを行わなかったり、どうして私を愛してくれないの?!感の強い実母の言葉は毒親そのもの。
対して誘拐犯のはずの希和子は、自分が捕まったときでさえ、「その子はまだご飯を食べてません!」なんていう始末。自分のことよりも子供のことを考え、ひたすらに愛を注ぐ母そのものでした。

エリナの心理状態も面白く、愛されない欲求から自らも不倫に走るものの、子供ができたときに、初めて無償の愛に気づいていくんですね。

もちろん誘拐は良くない。そのせいで沢山の人が傷ついたはず。
しかしながらそれを乗り越えていくエリナの描写が美しく尊く、最後は大泣きしながらエンディングを迎えました。
島の映像もとにかく素晴らしいので、帰省したとき行ってみようかな😭😭🌸
れいな

れいなの感想・評価

3.8
気づけば何度も観てる。
小池栄子はサバサバしたかっこいいお姉さんより、ライアーゲームとか八日目の蝉みたいにオドオドした役の方が好き。
sakura

sakuraの感想・評価

4.6
何度も見た映画だけど、また最近見た。
永作博美、井上真央の出演している映画やドラマはいくつか見てきたけど、この映画の彼女たちが1番好きです。
そして小池栄子の演技もすごく良くて、また、子供時代の薫もすごくよかった。

何度見てもラストでは泣きっぱなしです。
客観的に見たらこの母親は自己中で批判されて当たり前だし、誘拐された親や子供の立場に立ってみれば、許されるものではないのに、永作博美演じる母親を見ていると、また違う愛を感じてしまうのも事実…。

どんな複雑な人生でも誰かに真っ直ぐに愛された記憶のある人間は、幸せになれる力を持っているんだと思った。

この映画を見るたび小豆島に行ってみたくなります。
woodyduffy

woodyduffyの感想・評価

3.1
疲れる
誘拐は良くないけど何故か永作さんにも感情移入してしまった
み

みの感想・評価

5.0
何層にもなったものの深さ
始まりと終わりに関わる作品になる、不思議、やっぱり大切なものとかそれに関わってくる縁とかいうものて絶対ある、不思議、おもしろい
たぶん、支えになるだろう台詞と感情がたくさんだった
久しぶりに自分で理由のわからない溢れ方したこの感覚なんだ忘れたくない
けど理由もわからんからどうしたらいいかわからんくてウズウズする。。
気合いはいったこっから自分で見つけよ削る夏消費する夏
くじら

くじらの感想・評価

4.5
きょうはようかめのせみをみました。
あかちゃんをとってしまうことはいけないけど、おかあさんのきもちもよくわかってとてもかなしかったです。
natsu

natsuの感想・評価

4.3
中学生の時見たときは何が良いのかよく分からなかったけど、この歳になって見たら結構ジーンときた。

色んな感情が入り混じった永作博美さんの泣き顔に感動した。すてきな女優さんだー

薫と過ごした4年間は心の底から幸せそうに見えたので、裁判の時に"謝罪ではなく感謝"と言っていたのに納得。

小池栄子さんの役柄はなんとなく雰囲気を出すことから難しい感じだけど、細かいところまでこだわっているのが伝わってきた。
>|