片腕マシンボーイ

鉄男 TETSUOの片腕マシンボーイのレビュー・感想・評価

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)
4.6
あけましたね?おめでとう!ですよ!
2016年ですよ!
もう2015年には思い出の中でしか出会えないんですよ!
約1年前2014年に観る最後の作品として「悪魔のいけにえ」を選んだのだが寝落ちして年越し
「悪魔のいけにえ」は2015年最初の作品に
さてさて2015年に観た400本の映画達の総決算として選んだのは名作「鉄男」
2015年のマシンボーイ的ベスト作品「野火」を撮った塚本晋也監督の初長編作品
僕がこの作品を初めて観たのは高校生の時
美術の予備校に通っていた僕は教材としてこの作品に出会った
もうね衝撃でしたよね!
もう1年を締めくくる作品としては最高の1本なんじゃないですか!
最高のチンコドリルじゃないですか!

はい…寝落ちしてました
そもそも昨晩は職場の忘年会で徹夜で飲んでそのまま仕事
眠い眠いで帰ってきてテレビつけたらライジンやってるじゃないですか!
美女格闘家として有名なRENA選手の試合が始まったところ
相手選手の剛腕の前に押され気味の展開
正直言えばね女子選手の試合なんて全く興味なかったんですけど
何気なく見てたらさ…
何すか!あの飛びつき腕十字!
うわ〜カッコよかった!
最高に良い試合だった!
僕もRENAに関節極められたい!
お尻が腫れ上がって感覚なくなるまで蹴られたい!
なんて夢現つなうちに…寝落ちしてました…
気付いたら年が明けてました!
さよなら2015!はじめまして2016!
で、ヒョードルはどうなったか?
なんて想いに耽る間も無くレッツ「鉄男」!

正直「鉄男」は日本の映画の歴史を変えた作品だと思っている
それまで黒澤、小津と言った一部の巨匠の作品は別として
さほど海外で評価されることのなかった日本映画
東の果て日出ずる国のアンダーグラウンドにヤバい映画を撮るやつがいる!
「鉄男」は塚本晋也監督の名と共に日本映画の可能性を世界に大きく知らしめた
今、三池崇史が北野武が園子温が世界で高い評価をうけているのはこの「鉄男」があってこそだと勝手に思っている

さて久々に観る「鉄男」
いや〜やっぱりめちゃめちゃおもしれかったなぁ
この世界観、スピード感、熱気、狂気、
溢れる映画愛をビシビシと感じる作品
もちろん低予算で造形もチープなのだがアイデアと技術でこんな迫力ある映像になる!
これぞ日本映画が誇る前衛芸術!
これぞ日本映画が誇るチンコドリル!
「悪魔のいけにえ」のように黒澤明の名作群のように
何年、何十年先に観ても色褪せることない名作!

2016年の始まりにこの作品を観れて良かった!
今年も良い映画にたくさん出会えますように!
去年は目標の400作品を観るために睡眠時間を削りだいぶ無理して映画を観てきたが今年はもう少しのんびり観ていこう
Filmarkerの皆さんも素敵な映画ライフを過ごせますように!

ってレビュー書いてたらテレビにもがちゃんが!
1年の幸先良いですな!

初っ端からの長文ごめんなさい
改めて読んだらめさめさ長いし大半は作品に無関係やんか…