鉄男 TETSUOの作品情報・感想・評価

「鉄男 TETSUO」に投稿された感想・評価

ヒエダ

ヒエダの感想・評価

2.5
塚本監督演技お上手でびっくり。
全体的にチープ感は否めないが
美術のクオリティは高いと思った。
温八

温八の感想・評価

2.5
カルト映画として世界にファンを獲得した作品だという。内容は芸術的で難解だった。モノクロ映像なのが金属っぽさが増して良い。
股間のドリルが回転するシーンで不覚にも爆笑してしまった。
天

天の感想・評価

-
点数つける作品じゃない。感性の暴力。

映像も音楽もどれも全てが攻撃的。ガチャガチャした悪夢のよう。ストーリーは単純に思えたけど、きっと自分が感じ取れてないくらいに世界が詰まってるんだろうな。鷲掴みにされた。
neneco

nenecoの感想・評価

3.4
遅ればせながら初めて見ました。

「ウッ!」
グチャアアアア!!
「うわッ!うわぁあああーーッッッ!!!」
ドカーーーン!!

…という音がワンセットでやたらと多い、前半はある意味ホラー映画なのだが、話が展開した中盤ではつい笑ってしまった…。(ドリル…)

後半は田口トモロヲとV系メイクを施した塚本監督の謎のバトルが繰り広げられ、ここに石橋蓮司までプチ参戦。
「ヤメろォーー!!」
もう目が離せない。

特筆すべきは全編通してインダストリアルな雰囲気の映像と音楽がものすごくカッコイイ点。
ラストも意味不明なのに音楽のおかげで妙にカッコ良かった!サントラほしい。
これだけは言いきれる。今まで観た中で1番やばい映画。

何が言いたいとかそんなのはよく分からないけれど、とりあえず醸し出される雰囲気と気持ち悪さだけ味わえればそれで良いんじゃないかな?
この映画は天才のなせる技だわほんと。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.5
短文感想 75点
いろんな意味で夢中になってしまう映画でした。セリフはほとんどなく、監督自身が演じる「やつ」の特殊能力により、主人公がタイトル通り、鉄の人間になっていくという何とも素っ頓狂な話。今作は中身よりも世界観、撮影技法が特徴的であり、特に街をかけめぐるコマ撮りのようなシーンは音楽と共に妙に印象的。あり得ないくらい登場人物の顔をドアップで映し心情表現をするのも今作の特徴ですし、カオス世界におけるノワール作品を見ているようでした。一言でいうと意味がわからない。しかし、完全否定が出来ないなにかを今作は秘めていると感じました。
マジで狂ってる。わけわからん。でも演出は割と好きだし、自主制作映画でしかこれはできないと思う
やべーって思ったけど、結構一時間でも見てるのはしんどかった
近代化の裏サイド、腐敗した未来派のように思えた。スピードへの信仰は、無目的な増殖に成り代わらざるをえなかったんやろうか
2019年 1/3
初 塚本晋一
自主制作映画であの造形ができるのか。まじか。
「混ざる」ことへの、忌避と快感と執着と恐怖とセクシャルとヴァイオレンスと汗と血と肉と鉄と人間と金属と街並みとジェットエンジンと。
おもろかったなぁ。
INFERNO

INFERNOの感想・評価

2.5
自分には向かないみたい
たった67分がずーーーっと終わらなかった

こっちは復讐譚
最後愛情言ってて?なるけど短編観て納得

有名なドリルチンコ見れて良かった
>|