鉄男 TETSUOの作品情報・感想・評価

「鉄男 TETSUO」に投稿された感想・評価

ReN

ReNの感想・評価

3.5
Blu-rayにて再鑑賞。

自主制作映画でありながらも、圧巻のクオリティとインパクトで繰り広げられるハイスピードバイオレンスアクション。
もはやジャンルやストーリーという概念を超えているが、塚本ワールド炸裂で彼の魅力を知る為にはまず観ておかなくてはならない傑作!
これ、どんな映画なのかなぁ。と思って見てみたら

なんだ、ただの天才の作った映画かぁ((+_+))

昔の往年の短編画「アンダルシアの犬」のような路線かな。
見ての通り、万人受けする内容ではないけど、でも邦画では絶対に残ってほしい作品でもあったりする。
YOOMANA

YOOMANAの感想・評価

-
1時間だけどなんかたっぷり感。
普通にイカレ映画と見せかけての、映像の撮り方と音の入れ方が本当に面白い。
鉄男なのに質感がなんとも言えない。
xx
モロ

モロの感想・評価

2.8
なんだか悪夢を見てるみたい。見終わったあとに他の方のレビューを見て、ストーリーっぽいものを掴めた。

金はかかってないけど、時間と手間は掛かってそう。
和製イレイザーヘッドって感じ
ギャグ映画だよねこれは

ちんこドリルすな
意味わかんなかったっす(´ε`; )
画面がグチャグチャしてるし、内容自体もイミフだし。
アレがドリル化してるのだけが面白かったです。
これはB級ならではの良さだな。意欲的作品だと思う。斬新な取り組みが良い。
予想以上にエグくてびっくりした。

ザ・フライとエイリアンを思い出した。イカれ具合が1番ズバ抜けてる作品だった。
白黒悪夢工場低予算映画としてイレイザーヘッドっぽいけどこちらの方がスピード感がある。特に後半のストップモーションを駆使した映像の躍動感が凄まじい。途中のダサいジャズの曲を除けば(敢えてダサくしてる?)インダストリアルな音楽も最高にクール。
ぺど

ぺどの感想・評価

-
東京グランギニョルに憧れ、飴屋法水に嵌り、傾倒した女学生時代に偶々読んだ記事に出てきたこの映画。携帯のブックマークにひっそりと隠れてたその記事を見つけてふと思い出し休日の午前中に鑑賞。

正直意味は分かるけど意味が分からない。って感想が一番しっくりくる。田口トモロヲの怪演っぷりが凄いと思う。一切の違和感なく映画に溶け込んでる。途中のダンスは東京グランギニョルの嶋田久作を思い出す。

理解は出来なくても作品として最高に楽しめた。彼女役の藤原京が妖しくも美しく、助監督等の諸々も務めあげてると聞いて驚き。
>|