鉄男 TETSUOの作品情報・感想・評価

「鉄男 TETSUO」に投稿された感想・評価

映像力だけで20億点くらいいってる凄まじい怪作
CGなしの製作費1000万のインディペンデントが撮り方と音だけでこれ程の臨場感を生み出す
身体から飛び出す金属が増殖していくところや、男とヤツとのちゃんと”高速に見える”バトルシーンとか「素材はチャチなのになんでこんなに本物っぽく見えるんだろう…?」と首を傾げながら目は画面に釘付けであった
思春期に偶然これを観て「なんかわからんけどおもしろい」と思ったことが人生の分岐点のひとつな気がしている。
AM

AMの感想・評価

-
機械じかけの灰色
硬化的エフェクト効果的に作用
アンビリーバボーな奇跡体験
カメラ寄り過ぎ&編集うるさ過ぎ。正直見辛いが、終始キモくて観てしまう。なんだかんだでラストの融合体もメチャクチャ格好良い。
うりた

うりたの感想・評価

3.5
途中「一体私は何を見ているのだ…」という気持ちになる時も多々あるが、ざらついた白黒の映像にインダストリアルな音楽、無機質な鉄に飛び散る人間の血潮、実験的でクレイジーな映像表現…と一部の人にはたまらない要素満載!

『イレイザーヘッド』っぽいな〜と思いながら見始めたが、こちらの方がわかりやすく特撮という感じがする。
鉄と融合してしまった男の特殊メイクは気持ち悪くて見事。ドリルはもはやギャグwww
案の定トレント・レズナーがこの映画のファンだそうで。

塚本監督がめちゃくちゃ頑張って撮った感じは伝わった。
あ

あの感想・評価

2.6
白黒な映像と音がより狂気的でグロテスクな雰囲気を倍増させる。どなたかのレビューで「いつまで続くかわからない悪夢感」と書かれていたが、まさに。なにを見せられているんだ、という世界観がしんどいくらい尖ってる。
fugl

fuglの感想・評価

3.0
映像の撮り方や音楽はかっこいい。鉄男というアイディアも、私は他に類を見ない面白い発想だと思った。けど、会話はほとんどなく、1時間真剣に見るにはちょっとしんどい映画だった。だから私はお菓子を作りながら(笑)、流してみていた。
maco

macoの感想・評価

-
これが鉄男か。悪夢的で、すごいパワー。こういう率直な欲望に満ちた世界、女には描けないって思ってしまう。
観ました。
白黒の映画です。
最初の脚に鉄を入れるシーンでグロテスクと思ったけど観てるうちに田口トモロヲの演技が笑えてきて、エログロなんだけどちょっと笑えちゃった笑
スピード感を、コマドリで撮ってて凄く面白かった。
ある朝、目覚めたサラリーマンの男(田口トモロヲ)は頬から金属片が出ているのを見つけた。
頬に絆創膏を貼り、仕事に出かけるが駅で鉄で覆われたメガネの女(叶岡伸)に襲われてしまう。
逃げてその女を殺すが、やがて自らの体内から鉄が出てきて・・・。

公開当時、カルト的な人気が出ていた事は知ってましたが未鑑賞でした。
今回初鑑賞しましたが、敢えて古き昭和の怪奇映画を意識したモノクロ映画で度肝を抜かれます。

映像の撮り方がかなり凝ってますし、まるでMVのよう。
しかしコレはほとんど出オチのような(笑)
1時間越えは正直しんどかったなぁ。
40分くらいのショードムービーでちょうどいいかも。

一応シリーズ3作目は劇場で見てますが記憶から消されてます。
コレも記憶からは消されるかな。
好きな人は好きだろうと思われる、まさにカルト映画でした。
>|