光一

ハードロマンチッカーの光一のレビュー・感想・評価

ハードロマンチッカー(2011年製作の映画)
3.4
在日韓国人の若者グーを中心に巻き起こる血がたぎるヤンキー闘争!CMディレクターのグ・スーヨンによる半自伝的小説の映画化です!
 
ある事件をきっかけにグーはどんどん周りに敵を作って、ヤクザ、暴走族、警察などなどに追われる身に。「果たしてパーソナル戦争の末路は!」といったストーリーです。
 
キャストがめちゃくちゃ豪華で、次々と出てくるもんだから、観ていて飽きない映画だったなあと思います。内容は特にないです(笑)
 
とりあえず舞台となっている山口県下関市のイメージダウンにならないかだけ心配です(笑)
 
ストーリー点3
監督点2
役者点4
映像音楽点4
印象点4
エモーショナル点3
追加点0.1
総合点3.4

ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1~0.2点加算