光一

光一

映画監督、作家などの仕事をしている1987年生まれ左利き。細かく点数を付けます。製作者に敬意を示し、甘めに採点しているつもり。☆3.9以上が僕的ベストラインナップ!
 
☆4.3以上
心に強く残る最強映画群
 
☆3.9~4.2
自信を持って推薦できる
 
☆3.5~3.8 非常に面白かった
☆3.0~3.4 面白かった
☆2.5~2.9 うーん
☆2.4以下 つらい

映画ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜(2012年製作の映画)

2.5

奇跡の島の世界設定が、優しくて易しくて良かった。大昔に絶滅した動物たちにも詳しくなれます。ただ、ドラえもん史上一番のストーリーの薄さでした。軸となるべきのび太の成長皆無。キャラの性格脱線。継ぎ接ぎされ>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

なんだこの映像美は…!! ハリーポッター風マーベルシリーズ。魔術がとにかく綺麗です。
 
天才的な脳外科医であるストレンジさんの苦悩と進化。ストーリーの邪魔にならないくらいのボケも挟まれており、サクサ
>>続きを読む

ドラえもん のび太の日本誕生(1989年製作の映画)

3.7

ドラえもん10作品目(1989年/僕2歳)にして、当時最高興行収入を記録した日本誕生。
 
出てくる道具に無駄がないし、ぺガ、グリ、ドラコ、ギガゾンビ、そして、土偶さえも、愛しく感じてしまうくらいキャ
>>続きを読む

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016年製作の映画)

3.5

10作品目の日本誕生リメイク版。不朽の名作をここまで綺麗な映像にしてくれて感謝です。
 
最後ペットたちとの別れで感動の押し売り感が出ていたり、作品の素朴さが損なわれていた分、原作より点数は低めです。
>>続きを読む

アイドル・イズ・デッド -ノンちゃんのプロパガンダ大戦争(2013年製作の映画)

2.5

BiS主演の劇作映画。シェアハウスの元同居人が助監督やっていたやつなので、低評価するのはつらいけど苦笑。
 
安っぽい&グロいアイドルムービーです。1よりも照明が良いです。音楽も。でもやっぱり、最後ま
>>続きを読む

MOOSIC PRODUCTS!/アイドル・イズ・デッド(2012年製作の映画)

2.3

BiS主演の劇作映画。シェアハウスの元同居人が助監督やっていたやつなので、低評価するのはつらいけど苦笑。
 
安っぽい&グロいアイドルムービーです。演技もストーリーも、最後まで我慢できない人はできない
>>続きを読む

モンスター・ホテル(2012年製作の映画)

3.7

完璧としか言いようがないシナリオ。ちょっと悪役という悪役がいないのが難点ですが、喜怒哀楽の詰まったモンスターホテルです。
 
あと、吹替版で観ると、オリラジ藤森さんのハマり役具合いに感動します。感動し
>>続きを読む

ストロベリーナイト(2013年製作の映画)

3.5

誉田哲也さんの『姫川玲子シリーズ』。四作目の『インビジブルレイン』が、この映画の元です。豪華キャストで描く刑事映画。ちょい役に染谷将太がいる2013年、プライスレス。
 
ドラマとかを見ておいた方がい
>>続きを読む

映画 鈴木先生(2012年製作の映画)

3.7

「学校教育は、不良や問題児に手がかかる分、手のかからない普通の子たちの摩耗の上に成り立っている」
 
数々の賞を総なめにしたドラマの映画化です。リアリティがありつつ、かつ少し異色な学園モノ。その絶妙な
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.5

豪華キャストが送るシニカルな就活映画。小説は読んだことあったんですけど、映画も大体一緒でした。
 
『何者』に触れると、就活生、新社会人、活動人の「この仲間たちがやっぱり最高!」や「人生突き進んでます
>>続きを読む

赤い糸(2008年製作の映画)

2.7

中高生の恋愛物語なんだけど、自殺、DV、ドラッグ、そのほか諸々。こんなに壮絶な苦しみをこのコミュニティだけで味わうなんて。観ている側も苦しいやつ。これぞ携帯小説。の割には、全然壮絶感が伝わってこない演>>続きを読む

帰ってきたドラえもん(1998年製作の映画)

4.0

ドラえもん史上一番泣けるやつ。
 
「ドラえもんを安心して未来に返してやるんだ……!!」
 
これですね。
 
夢幻三剣士と怪盗ドラパンに次いで、三番目に好きなドラえもん映画。(なのに、登録し忘れてい
>>続きを読む

ドラえもん 2112年ドラえもん誕生(1995年製作の映画)

3.7

ドラえもん誕生の秘密が分かる重要なストーリーが盛り込まれています。「ドラえもん」という大きな流れにおいて、大切にされるべき作品。
 
2112年まで生きていられたりしないかなあ笑。
 
シナリオ点4
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)(2013年製作の映画)

3.2

この映画の世界観、凄い良い。秘密道具"博物館"というか、秘密道具"体験館"だけど。第一号のどこでもドアとか格好良かった。
 
やっぱり『ワンニャン時空伝』以降のオリジナル作品は、良かれと思って小ボケを
>>続きを読む

ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ(1981年製作の映画)

3.4

タイトルだけなら、ドラえもん史上トップだと思っている。少し支離滅裂なストーリーなのが難点だけど、ドラえもんと桃太郎の世界観がマッチしていて、テレビ版の雰囲気も優しく残しつつ良い感じです。
 
そして、
>>続きを読む

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史(2009年製作の映画)

3.3

新版宇宙開拓史。ちょっとだけストーリーがオリジナルに改良されていました。説明くさい説明が多い。けれど、物語の設定や軸は変わらないので、やっぱり素敵な物語です。
 
ちょっとロップルくんがのび太に最初あ
>>続きを読む

ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981年製作の映画)

3.5

歴史ある「ドラえもん劇場版シリーズ」の二作品目(1981年公開)。十作品目の「日本誕生」まで、これが興行収入ずっと1位。
 
のび太の部屋の畳の下が、コーヤコーヤ星に住むロップルの宇宙船に繋がって……
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)(2015年製作の映画)

2.5

「平均点低いな!ドラえもんの映画だぞ?そんなわけ!」と思ったら、これはなかなか酷かった。。
 
『ワンニャン時空伝』を最後に制作チームが変わって以来、ちょっと小ボケの下手くそさが見てられない。肝心なボ
>>続きを読む

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004年製作の映画)

3.8

進化退化放射線源がキーポイントとなる犬猫王国の物語。ペット問題を考えさせられる映画でもあります。
 
2004年に公開されたこの映画を最後に藤子・F・不二雄さんのチームが制作をやめたので(声優も一新し
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.0

ドラフト1巡目指名でNFLデビューを飾ったマイケルオアー選手の実話本『ザ・ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』(The Blind Side: Evolution of a Game)が映画>>続きを読む

フィニアスとファーブ/スター・ウォーズ大作戦(2015年製作の映画)

3.6

「フィニアスとファーブ」「スターウォーズ エピソード4」の両方が好きな人なら堪らない作品だと思います。
 
スターウォーズキャラ達のデススターを巡る闘いの裏で、フィニアスやペリーが実は暗躍していた!?
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.3

女性が事故って目を覚ましたら、知らないおじさんに「お前を救った」「外は汚染されてる」って言われる@地下シェルター。監禁なのか、何なのか、そのスリルを味わいつつ、迎える真実とは。
 
他の映画と一応リン
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

3.2

リアリティ溢れる高校ライフが表現されていました。4人揃って寝坊とか無理があったけど笑。面白かったです。
 
10年以上前の映画ですが、20歳前後の松山ケンイチさん、小出恵介さん、香椎由宇さんが出ていま
>>続きを読む

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー(2014年製作の映画)

3.9

マダガスカルを初めて見た時から、「ペンギンズが一番最高だな」「ペンギンズのスピンオフが見たいな」と思いましたが、やっぱりありますよね。
 
覚悟はしていたけど、小ボケ炸裂でたくさん笑いました。映像通話
>>続きを読む

グラスホッパー(2015年製作の映画)

3.3

原作ファンが映画を批判するの嫌い。映画化してくれただけ感謝しなきゃ。
 
…でも、原作の切り取り方、変更の仕方、これでよかったのだろうか笑。ってどうしても思ってしまう、そんな旨みの消え方でした。
 
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.8

2014年地球の温暖化を防ぎたい→冷却薬品を大気に撒く→はい,失敗→氷河期突入→地球を走り続ける列車・スノーピアサーに乗った人だけ生き残る→舞台は2031年。
 
列車の中は、前方車両に住む富裕層と、
>>続きを読む

武士の献立(2013年製作の映画)

3.5

日本料理の礎の一部分を作ったとされる加賀藩で、6代に渡って料理人を務めた舟木家の物語。江戸時代の加賀藩に仕えた武士をユニークな切り口で描いた時代劇です。
 
安定と芯がある春役を演じる上戸彩さんと、不
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.7

染谷将太さんや池田エライザさんほか俳優陣の一部による熱演に感心しました。
 
園しおん監督の演出が穴だらけ矛盾だらけで、映画自体はあまりお薦めできません笑。
 
シナリオ点3
構成点2
演出点3
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.7

想像していた以上にカオスなストーリーだった!うさちゃん最高!
 
大切な愛情構図が複数ありながら、三つ巴の対立構図、その対立の一時的な解消、構成的にはズートピアを超えた秀作だと思いました。ただ、ズート
>>続きを読む

愛を語れば変態ですか(2015年製作の映画)

2.3

この映画は何なのですか笑。
 
グランドホテル方式の映画で、翌日オープンを控えるカレー屋さんが舞台です。続々と集まる珍客たち。フタを開けると、奥さんが色々な男とせっくすしていたことが分かり、騒動が起き
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

3.3

すごく静的で綺麗な映画でした。弟に対する姉の悔恨、弟を辿る旅、母ともう一度作り直す絆。
 
これラブストーリーとして見ると無理があるので、邦題が良くないなって思いました。
 
アンハサウェイのショート
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

4.2

ベンアフレックさんが監督&主演を務めた第85回アカデミー賞作品賞受賞作品。
 
想像していたシナリオと違い過ぎて、想像していた以上に面白かった!しかもこれが実話に基づくストーリーだなんて!普通の「CI
>>続きを読む

4TEEN フォーティーン(2004年製作の映画)

3.0

たまたま見た映画の舞台が、偶然二連続で東京・月島だった奇跡。しかも重要なヒロインの役名がタチバナ被りしてた。
 
石田衣良さん原作で2004年に映画化された作品。中学生時代の落合モトキさん、若葉竜也さ
>>続きを読む

ランウェイ☆ビート(2010年製作の映画)

2.8

たまたま見た映画の舞台が、偶然二連続で東京・月島だった奇跡。しかも重要なヒロインの役名がタチバナ被りしてた。
 
ケータイ小説から映画化された作品。面白いストーリーでした。溝呂木美糸(みぞろぎびいと)
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.4

原作の小説が好きで、映画もすかさず視聴。「子ども時代の修練をもっとフォーカスしたり、なんで村山聖という力強い棋士が生まれたのかを、原作みたいに、映像でも表現して欲しかったな」というのが個人的な感情。村>>続きを読む

キャプチャー・ザ・フラッグ 月への大冒険!(2015年製作の映画)

2.7

シナリオが突拍子もないのは良い。けれど、その突拍子もないシナリオを作り出す「日常的な思考や言動」がおかし過ぎるのは良くない。「リアル」である必要はないんだけど、「リアリティ」はないとね。
 
NASA
>>続きを読む

>|