り

冬の小鳥のりのレビュー・感想・評価

冬の小鳥(2009年製作の映画)
3.0
【始】実父の前に乗せられて自転車で出かける よそ行きの服・靴を買って最後の食事 歌を歌ってあげるね
【終】実父の背中 夜道を自転車で走っていく パリの空港で養父母に会う

メンスがあるのを知られたら引き取り手がいなくなっちゃう
家政婦として使われる
「約束したのにどうして破るの」
「安全ピンのせいなの」
「ムシャクシャするなら布団を叩きな」 寮母さんも思うところあるんだろうな
イェシンが自殺未遂を皆の前で懺悔させられるところ子どもたちが笑ってるのがなんとも嫌な感じ
自分で掘った穴に自分を埋める
養父母の写真を見ながら「歳を取りすぎてる」