大口真神

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の大口真神のレビュー・感想・評価

3.6
ある日ジャンク屋から購入したロボットが、高貴な女性が助けを求める映像を映し出した。
その映像の中で呼ばれていた名前と似た名前の、変わった男が住んでいる砂漠のはずれを訪れる主人公ルーク。
その男は映像を確認すると、静かに過去を語りはじめるのだった。ルークが知らなかった父の死の真相も・・・。


12月の新作公開を考えると、そろそろフォースを覚醒させなければいけない時期になってきたので見ました、スターウォーズ第1作目。

SF超大作ですが、わかりやすいし話もポンポン進むので楽しめます。流石に40年前の映画なので古さを感じるところもありますが、設定や世界観が良いので惹きつけられます。
そしてR2ーD2がめちゃくちゃカワイイです。

20年前に見た時ハン・ソロはイヤな奴だというイメージだったのですが、いま観るとハン・ソロは面白い奴で逆にルークは青いなという印象。
映画って改めて見るとキャラクターの見え方とか変わったりするので面白いですよね。