ミサキ

ハロルドとモード/少年は虹を渡るのミサキのレビュー・感想・評価

4.8


少年?大人?やっぱり少年?な
19歳の男子ハロルドと
老人?少女?やっぱり老人?な
79歳の女性モード。
この二人が交わした言葉と
ほっこりする陽射しのようなBGMが
頭のどっか端に残ったまま消えません。うんう。80歳になっても残っていて欲しい~(笑)

「自殺して何度か死んだよ、僕は」と
話すハロルド。涙ちょちょ切れそうな
シーンになると思いきや、、、破天荒なおばあちゃんモードは「生きがいを
求めて!人生というフィールドに
全力で勝負しろ!相棒!」とハニカミながら励まして来ます。80歳の凄みでした。
もちろん美白青年ハロルドにもちゃんと魅力が有ります。浴槽でわざわざ
血だらけになったり首を吊ったり
プールで目と口を開けっぱにしたり
切腹の仕方まで知っている。なんで
そんなに死にたいのか、、、そこまで
いっちゃうと愛らしかったな~(笑)

ラストは「悲しい」とか「これで良かったんだよ」とか簡単には呟けないハロルドの背中がありました。虹を渡ってくれればもうそれで。