HOLYDAY

サイダーハウス・ルールのHOLYDAYのレビュー・感想・評価

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)
3.9
トビー・マグワイア×マイケル・ケイン×シャーリーズ・セロン出演。

孤児院を営み、禁止されているが、望まれない中絶も行う医者(マイケル・ケイン)。彼の元に同じように生まれ育てられた青年(トビー・マグワイア)。才能を見初められ医者として、産婦人医者の仕事を教えられながら育てられた。しかし、外の世界を知りたくて、ある時、シャーリーズ・セロンと連れの大尉が中絶に来た時、一緒に連れていってもらう。

初めての海、海老、リンゴ、緑、。

撮影は、孤児院は配色を抑え、外の世界は初めての世界を体験する主役の観点で観れるように鮮やかに加工された状態で撮られています。
そこを流れる挿入歌も良いです。

展開はありきたりでしたが、途中の抑えられたように絞り出された、セリフがなかなか深いです。アーウィング著者だけありです。

普遍的なテーマである、人の選択、予感。
Yesと振る舞うのもNOと振る舞う事も時には必要です。両方することで望む方へ向かう事ができる。

父と子の愛情。愛とエゴイズム、バランスが変わってしまうと結果がどのようになっていくのか。2つの父と子の関係から読み取れます。

綺麗なシャーリーズ・セロン×スパイダーマン前の若いトビー・マグワイアが観れます。

心温まる映画でした。