サイダーハウス・ルールの作品情報・感想・評価

「サイダーハウス・ルール」に投稿された感想・評価

小石川

小石川の感想・評価

3.6
この時期くらいの映画にはある種の美しさがあって、それを特に感じる作品でした。
miyu

miyuの感想・評価

4.0
狭い世界から、チョット飛び出す事で、自分が何者かわかる様な気がする。

自分の居場所や、自分を心から愛してくれた人もわかる気がする。

悲しいほどのおぞましい事や辛い事…
それが、自分の力では簡単に解決しない事も数知れずある…

でも、狭い世界に生きてるだけじゃなく
いろんな価値観がある世界を知る事は、本当に必要な事かもしれない…

勇気を出して踏み出して
自分を必要だと思ってくれる人達を
本当に見つけ出せる事の幸せ…

それを感じさせてくれる映画🎬
Bom

Bomの感想・評価

3.8
各方面の深い問題をじっくりわかりやすく簡潔に流れていくストーリー。とても深刻なのに終わったあとの解き放たれた感じが不思議だった。

2018年初観作品78本目
SUI

SUIの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ホーマーの感情やら何やらを全て押さえ込んだ、内面が現れているようなトビー・マグワイヤの表情が良かった。

誰かが決めたルールを焼き捨てることで自分の殻からも脱する、成り行き任せの自分から卒業する。
ミスターローズは間違いを犯したけど、いい奴だった。 ていうか登場人物がみんな普通に善人で、心が温まった。

映画として飛び抜けてここが良い、というところは無いけど、ホーマーの微笑みとキュートなシャーリーズが最高だった。
tottsun

tottsunの感想・評価

4.0
私が最近見た映画93
「サイダーハウス・ルール」
20世紀半ばのアメリカ。堕胎が法律で禁止されてる時代に片田舎の孤児院で産婦人科医として勤務するラーチ。
そこの孤児院育ちのホーマーはラーチに助手して堕胎を手伝わす。
孤児院の中でしか生活したことない彼はある日意を決し外の世界に出ることにする。
恋をし、学び、経験をすることによって彼は成長する。
全体的には悲しみ漂う重めの雰囲気だが、何かに貫かれるような重い衝撃はなく、目をそらすことなく見ることができるバランスの良い作品だと思う。
トビーマグワイアしかり、マイケルケインしかり演技の上手さがキラリと光る作品でした。
派手なことが特に起こる訳でもないのにかと言ってダラダラ飽きるのではなく説得力があり惹きつけられました。
何回もリピートしたい!と思わせる映画ではありませんがまた見たい作品ではあります。
私的には☆☆☆☆かな。
題材は重いし目を背けたくなるようなシーンも多いのに、全体にポジティヴな映画的ロマンとファンタジーで覆われている。そして、グッときてしまう。個人的にはこういう感じが自分の思う「映画的映画」のうちの一つで、「ザ・映画」。
moruko

morukoの感想・評価

3.7
とにかく色々詰まっている。怒り、悲しみ、喜びという感情が底に流れていて、恋愛や受胎、あるいは堕胎、親子の絆、友情、戦争と死、レイプとセックス、旅、などなど。ごった煮だけど何故か安心して観られる魅力的な映画。
こんなに純朴な表情ができる青年が他にいただろうか…トビーマグワイア適役すぎる…
一番好きな映画は?と聞かれたら、まずこの作品が頭に浮かぶ。
いろんな感情がつまってる。考えさせられる。
トビーマグワイアの表情が素敵!
RikakoAoki

RikakoAokiの感想・評価

4.1
よかったです。鉄板のセリフ2つの伏線がやばいですな。90年代の時代の反映もよい。
>|