moon

失はれた地平線のmoonのレビュー・感想・評価

失はれた地平線(1937年製作の映画)
3.7
「住民は適度に誠実、適度に貞節、そして適度に幸せだ」

理想郷の代名詞となった小説の映画化ということで前からずっと見たかったやつ。ディストピア映画は数あれど、ユートピア映画は珍しいのでは(?) 猛吹雪の山奥に墜落したボブとその仲間達が辿り着いたのは、病気も犯罪もなく誰もが幸せに暮らせるシャングリラだった…

全てが「適度」に享受できる理想郷シャングリラが、本当に私たちが夢見る平和な世界なのかどうかは疑問だけど、美術の説得力がすごくて見応えがあった。農村部の住民に東洋人が多かったり、宮殿に住む人々が着てる服装が完全に中国の伝統衣装っぽいのを見ると、アジアのエキゾチックさは欧米から見たユートピアのイメージそのものなのかなぁなんて思った