健多郎

DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマンの健多郎のレビュー・感想・評価

4.5
岡田斗司夫、庵野秀明、赤井孝美、山賀博之らが制作したDAICON FILM版
いわゆるパロディ作品だが、制作者らの若さや低予算からか、良くも悪くもとてもとても雑

でもその雑さがマイナスになるかというと、そうでもない
若さ故の勢い、熱量がとんでもなく高く、主要スタッフの大半がハイレベルなオタクであるからかパロディの質も特撮技術も異様に高い

庵野秀明がウルトラマンに変身するシーンは今なら抱腹絶倒かもしれない
技術的にはもっとウルトラマンらしい外見に出来ただろうにあんな外見にしてるのはコダワリもあるんだろうな、そこが面白いからいいんだけど
主題歌が帰ってきたウルトラマンの未使用OP「戦え!ウルトラマン」であることも個人的には高評価です

アマチュア以上セミプロ未満な集団の作品であることを加味して満点でもいいんだけど、ヘッドホンを使わないとまともにセリフが聞き取れないくらい声量が低いのでそこはマイナスします