sally

トップガンのsallyのレビュー・感想・評価

トップガン(1986年製作の映画)
4.0
午前十時の映画祭9「トップガン」爆音上映で見てきました。


今回の午前10時で「トップガン」が決まった時から、爆音で見る事を決めていたので、爆音で本作品が見れた事は大変に嬉しい。

本作品、スクリーンで見るのは、公開時に見たのと、新宿プラザ劇場の閉館の際に行ったラストショーで見た以来の3回目になります。

ビデオの時代でも、自宅のサラウンドシステムで大音量で見て隣の家から大クレームが来たほどで、若い頃は、本作品をビデオで見る時は必ずヘッドフォンをかけ大ボリュームで見ていました。

公開当時は、トム・クルーズと同じような年なので、あまり好きでは有りませんでしたが、現在は、トム・クルーズの出る作品は必ず見る程好きになっています。

当時は、相手役のケリー・マクギリスって凄く綺麗に見えたけど、今は綺麗な女性だと思うけど、昔ほどのインパクト感は感じないかな、本作品、出ている人、殆どがそれなりに活躍されて、メグ・ライアンが脇で出ているのも当時ならでは、本作品を撮ったトニー・スコット監督はやはり、死んでしまって悔やむばかり・・・・

しかし、本当に大迫力で内容も今見ても大変に面白い!




最後のなりますが、爆音で見たのですが、「トップガン」こそ爆音と思っていたのですが、「マッドマックス 怒りのサンダーロード」の爆音が良すぎるのは、「マッドマックス」は、殆ど、運転のシーンだからなんだろうな、「トップガン」も飛んでいる時は爆音で体感するといいけど、普通のシーンはやはりね・・・