コ

時計じかけのオレンジのコのレビュー・感想・評価

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)
5.0
根っからの悪人を、政府が提案したとある治療で根っからの善人にする話。何が正義なのか、何が悪なのかがよく分からなくなる映画でした。映画内でしか使われない言葉がとても若者らしくてキャッチーです、ホラーショー(最高)なビディー(映画)です。