時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A CLOCKWORK ORANGE

製作国:

上映時間:137分

3.8

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

ジーナ

ジーナの感想・評価

4.0
ミルクバーの裸の女性のオブジェや男性器の模型、カラフルな内装など、キューブリックらしさ全開の世界観にうっとりします。
瞼を閉じれないように固定されるシーンは目を覆いたくなるほど痛々しく、この映画の名シーンでもある。
主人公はドが付くほどのクズな人間なのに終盤では彼に同情してしまう不思議。

政府への批判、個人の自由。
そんなメッセージを込めていながらも魅力的な映画で、あっという間に終わってしまった。
絵的な怖さは少なかった!表情の作り込みすごいな。犯罪予防というソーシャルな側面で見ても普通に面白い。
ちゃか

ちゃかの感想・評価

3.0
1971年制作当時はショッキングやったやろうけど、観たのは立派な大人になって?色々映画を観た後やったから、ふーんこんな感じねってなったわ。
観てる途中でこれ真面目に作ったんかな?とか考えてたら何か笑ってもうた。この映画好きの人すいません!
悪と善は紙一重?どちらが善なのか...?みたいな道徳観が混乱してくるヤバめな映画だった。

血とかのグロいシーンはないけど、後半は連続する胸糞展開にかなり気持ち悪くなりました💀👍いい意味で!

けどナッドサット(造語)は作品の魅力でもあると思うけど、イマイチピンとこない言葉なのでいちいちめんどくさくなる...
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8

一回じゃセリフ理解できないな〜原作も読んでみたいと思った
常に流れるクラシックとおしゃれな服装や雰囲気、に狂気とかサイコパスさが混ざってもうやばいなこの映画、、、トラウマになる人とかいそう。洗脳あたりからずっと胸糞悪いきもちになるのにカメラワークのすごさとオシャレさで観るのやめられなかった

あとはアレックスの目の色の綺麗さとママの服装がすごく好きだった
maaa

maaaの感想・評価

3.4
くそやろうなのに元に戻ったことにホッとしてる自分がいて、それもまた役者さんの魅力なのかキャラクターの魅力なのか…

アレックス役の人がすごすぎて、映画みせられるシーンは、観てるだけのこっちが気分悪くなった…
面白かった〜
作家の奥さんの服切り裂くところと、牢屋に入るときに出す持ち物が赤と黒で統一されてるのが印象に残っております
ワクワクゾクゾク
tkr21K

tkr21Kの感想・評価

3.7
評価の難しい映画だと率直に思いました。
性描写、暴力描写が強くとても強烈でしたが、その中でもメッセージ性を感じる映画だと思いましたし、音楽や映像が他の映画にはないおしゃれさを持っていてそこはとても気に入りました。瞬きさせずに映像観させられるところはちょっと気持ち悪かった…。
えび

えびの感想・評価

-
まさしくカルト映画そのもの。
オシャレだけど荒廃的なビジュアル、カメラワーク。
ネオ60年代という感じのインテリア。
気味が悪いのにハイセンスさを感じて違和感との闘い?いや嫌悪感との闘いだった。
正直、釘づけでした。
うわーってなりながらもチラッチラッて見てしまう感じ…

雨に唄えばを歌いながら蹴りまくって強姦するセンス…
よしお

よしおの感想・評価

3.8
何とも言えないトラウマ具合。
序盤のショッキングで無情な暴力シーンで流れてるクラシックなどのBGMが、よりいっそうその描写を脳にこびりつかせる。

好き嫌いと言う以前に強烈な印象が残った映画であったことは間違いない。

現代の若者における傷害事件や性犯罪の問題を40年以上も前の映画から考えさせられる。
>|