時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

ponpy

ponpyの感想・評価

4.2
かなりぶっ飛んだ内容だったけどそれだけ印象も強かった…
冒頭の睨んでるシーンや作中の効果音などはさすがキューブリックって感じで痺れました!
いい映画だったけど他人にお勧めできない映画NO.1って感じです
nae

naeの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

倫理観がわからなくなるというか、善悪の基準がなくなるというか、とにかくすごかったです…
拷問で「悪行をする」という選択肢自体を省くことに、倫理的な善はあるのか。人間の悪の部分を省くこと自体は道義的に善なのか。
また、劇中の登場人物は、主に「悪」か「悪の犠牲者」のみで構成されていて、善人はいなかったという印象でした。誰もがそのどちらにもなり得るし、こういう性悪説が人間の本質のようにも思えました。それを踏まえ、悪とどう向き合うべきなのかという疑問を投げかけているようにも思えます。
最後は互いに復讐したりされたり、利用し利用されたりと、行動の基準が私怨や自分の利益のことばかりで、どの登場人物にも「善悪」という視点がまったくなかったことにぞっとしました。
名作だと思います。
kuro

kuroの感想・評価

4.0
序盤から嫌気の差す様なレイプシーンが繰り広げられる、非常に危険な匂いのする映画。

「2001年宇宙の旅」の次に作られた本作。キューブリック監督特有のシンメトリックなカメラワークはもちろんのこと、サイケデリックな美術、そして説明一切なしで謎の言葉が次々と飛び交い、摩訶不思議かつ腐敗した近未来を描いていた。

主人公アレックスが幾多の犯罪を犯し、逮捕され洗脳的療法で更正、かと思いきや最後にはまた元に戻っていくという、割りとシンプルなストーリーではある。

この作品を通して伝えたかった事は?個人的には人間に対する愚かさを皮肉たっぷりに描いた映画の様に感じた。アレックスが行う事は100%正しくないが、かといって洗脳的療法で抑圧した所で何の解決にも至らない。アレックスという、ある種の悪意そのものを具現化したような人物を操る事など、“我々人間には到底できねえよ”というキューブリックの人間に対する諦めでもあり、非常に冷酷なメッセージのようにも感じた。と同時に、“どうすれば悪を抑えることができるのか”という問い掛けも感じられる。

他にもたくさん語りたいが、文字量がパンクしそうなのでここまで。一度見ればこの作品がとにかく嫌いな人でも、きっと語りたくなってしまうような、不思議な魅力のある作品。
一生記憶に残るほどの強烈なインパクト
後味悪すぎてトラウマ

キューブリック大先生。。。
sh

shの感想・評価

4.5
暴力、レイプなどでさえキューブリックの作り上げた芸術と思ってしまう。
服装、セットの色味といいデザインといい全てが最高
じゅー

じゅーの感想・評価

4.1
衝撃的。過激で、バイオレンスで、エロティックな作品だった。
「こんな映画だったのか」と、いい意味で完全に裏切られた。
主人公たちが犯罪を無邪気に行い、遊びのように描くことによってリンチやレイプがショッキングに描かれていないことに驚いた。
物語序盤で意味のわからない言葉を登場人物たちが発していて、何を言っているのかわからなかったけど、物語が進むにつれて若者のスラングのような言葉であると理解し、意味も次第にわかってきて「若者たちの中の世界」ということを言葉で醸し出しているのではないか?と解釈した。
観賞後、その言葉たちを調べていると、
【ドルーグ...仲間】【アルトラ,,,暴力】【トルチョック...殴る】【ウンチング...食べる】【ビティー,,,見る】【ホラーショー...最高】【シニー...映画】【スメック...笑う】【デボチカ...女の子】【ボルシャイ...男の子】【タッシュトゥック...ハンカチ】【ルッカルフ...雀の涙】【スームカ...醜い】
と言語学者であったアンソニー・バージェンスによって編み出された「ナッドサッド」という言葉らしい...
映画が上映された年は「若者がこの映画に触発され犯罪を起こすのではないか」と懸念されていたらしい。暴力衝動には駆られなかったが、このナッドサッドは日常生活で使ってみたいと思ってしまった。
原作小説には「21章目」があり、自分自身力で暴力を抑え温かい生活を築こうとしてEND。らしいが、この映画の終わり方はこれで良かったと心から思う。
主人公のアレックスが矯正され、いままでアレックスに迷惑をかけられていた周囲の人からの逆襲はスカッとした。しかし、心のどこかで「かわいそう」だと思わせるマルコム・マクダウェルの演技が素晴らしかった。
特典映像でこの映画を評価していた人インタビュー映像を見たが、「本能を攻撃する」という表現が最高に適している。
好きな映画を一つ選ぶなら、この「時計仕掛けのオレンジ」。
だって、カッコいいもん。めちゃくちゃカッコいい。何がカッコいいのか語り尽くせないほどカッコいい。
この映画を劇場で鑑賞する事ができて、本当に幸せだった。

そして、主人公のアレックスに少し共感してしまう。
決してアルトラ大放出したい訳では無いが、彼の欲望におもむくままに生きている感じが好き。
側から見たら完全に中二病なのだが、それが良い。そう、私も完全に中二病だ。

さらに、アレックスをカッコ良く描いてくれた天才キューブリック。キューブリックお得意の一点透視図法やフォローショットでこれでもかとアレックスを魅力的に映し出す。
ありがとう、キューブリック。

新年早々、映画好きの友人を車に乗せた時、新年一発目はこれだろ!とカーステレオで時計仕掛けのオレンジのサントラを流した。
「いや、どんだけ好きなん?もはやお前が時計仕掛けやん。」
この映画のルトヴィコ療法により、私が時計仕掛けになってしまったようだ。
ミク

ミクの感想・評価

3.0
途中まで、一体何を見させられているんだ、と。近未来なのに70年代を感じる独特の世界観は気味が悪いし、アレックス達の傍若無人な行動思考がキツい!
全体主義への強烈な風刺を読めたところで名作とされる意味を理解した。
でももうあんま観たくないです。
笑えるクレイジー野郎。
芸術性を高めた演出に、ストーリー自体がボケちゃてるけど、まぁイイや〜。
そこに救いがあるから。
暴力で生きて来た人間は、やはり更正する事は不可能なのだろうか?
アレックスの「完全に復活した」のセリフは怖かったですね!
>|