時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

らいち

らいちの感想・評価

3.8
キューブリック作品。ずーーっと見てみたくてようやく視聴できた。
序盤の現代アートが完全左右対称に並んでいる場面から世界観に引き込まれてしまった。マルコムマクダウェル演じるアレックスの邪悪さたるよ。「本当にいてもおかしくない」って感じの悪役でどこまでも救いのない人物。
破壊衝動というか、生来の悪意というか、とにかく楽しそうに破壊して罪の意識をかけらも感じていなさそう。イギリスで26年間上映禁止だったこともうなずけますね。
人間の反射を利用し罪と苦痛を条件づける「ルドヴィコ療法」、目的刑の過程をすっとばして目的だけ純粋に追及したやっばい治療法(?)。面白かった。自由意志の上にない善に対する作品、ソフトな管理社会を表すとして伊藤計劃のharmonyを思い出した
「時計仕掛けのオレンジ」
スタンリー・キューブリック監督の作品の中で1番好きなのは「シャイニング」なんだけど1番見てるのはこれかもしれない。暴力や悪意は人に連鎖していく。矯正という名の洗脳。構図や音楽、強烈ななシーンも多く映画の歴史に名を刻む名作。これに影響受けた映画ってたくさんあるのでは。ラストの雨に唄えばがゾッとするよね。
maru

maruの感想・評価

4.1
ビディーった
とても好きな世界観!
アレックスの演技すごいな、暴力性が戻ってきたときの表情とかすごい
「Singin' In The Rain」と第九選ぶっておしゃれすぎるだろトラウマなりそうやけど
目薬係大変そうで笑う
意味わからん世界観だけどなぜか脳裏に残る、不思議な映画だった😂
もう一度ビディりたいとは強く思えないのに思い返すとドキドキしてしまう😳

部屋の内装とか小物のデザインが軒並みおしゃれ!!
大きい局部のオブジェで死にたくない、(笑)

ナッドサット語調べてみると面白い🤣
カスゴ

カスゴの感想・評価

4.8
美しいとか
痛々しいとか
かっこいいとか
醜いとか
怖いとか
可笑しいとか

色々満載で最高
ユニークだけどクールではない

岡田斗司夫さんがYouTubeで、ぜひ観てほしいと推していたので
食指が動いた。

岡田さんの推しがなければ敬遠していたであろうし、
岡田さんの解説を聞いていなければ、訳がわからず、
途中で観るのをやめていたであろう。

近未来の話であろうが、具体的に何十年後の世界として
設定しているのか、作品内では明らかにされない。

初めにアレックスのグループがたむろしているところから
始まるが、このヘンテコな空間にまず違和感がある。

整ってはいるけれど、無機質で、あんまりセンスのよさは感じない。
どちらかというと悪趣味である。
このあたりは「ブレードランナー」が描いた近未来と対象的である。

アレックスのファッションも、袖に目玉がついていたりして
悪趣味である。
キューブリックは近未来の若者が、こんなにセンスがないとでも
思ったのだろうか。

この映画に出てくるファッションとか、部屋の色使いとか
置いているオブジェのことごとくが、独特で面白いのだが、
・・おっぱいからミルクが出てくるオブジェとか、
男性器を模した置きものは思わず笑ってしまった
・・クールとはとても思えない。どちらかというとダサい。

            *
序盤の方で、アレックスのグループが作家の家に押し入り
旦那の目の前で、奥さんを強姦するシーンがある。

シチュエーションとしては、背徳的で官能的であるのに
不思議とエロさを感じない。
これがデ・パルマ監督あたりだと、かなりエロくなっただろう。

その後も、映画の中で裸の女性が何度も出てくるのだが、
不思議とエロさはない。

また、暴力シーンがあんまり怖くないのも特徴的である。
鰹武士

鰹武士の感想・評価

5.0
展開が全く予想できない凄い映画。
構成、演出、音楽、全てが素晴らしい。
階下での構図は芸術の一言に尽きる。
独特の言い回しも映画が進むにつれて理解できてしまう。
映画は面白かったけど「SingingRain」がトラウマになって聞けなくなってしまった…
イヨ

イヨの感想・評価

-
原題:A Clockwork Orange

ポスターに惹かれてずっと見たいと思っていた作品。

前半はセックスと暴力。もう狂っているとしか言いようがない(笑)そのような内容とは対照的に、各シーンの色使いや部屋のデザインが美しくスタンリーキューブリック節が炸裂していた。だから、内容がハードであるにもかかわらず目が離せなかったのかもしれない。ストーリーは一言で言うと因果応報。

主役アレックスの演技がすごかった。悪人の時と矯正後の表情が全然違う。

雨に唄えばの曲がところどころで使われていたのは嬉しかった。
papi

papiの感想・評価

5.0
30年前に借りパクされた旧訳の原作返してほしいと思いながら何十年ぶりかに見た。欠点がない。センスないと悪はやれないんだね、やっぱ。
>|

あなたにおすすめの記事