時計じかけのオレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

時計じかけのオレンジ1971年製作の映画)

A Clockwork Orange

上映日:1972年04月29日

製作国:

上映時間:137分

3.8

あらすじ

「時計じかけのオレンジ」に投稿された感想・評価

怖そうだから見れてなかったけどやっと見た
目が幸せでした〜〜
面白さ。。。よくわからなかったな。。
この映画のTシャツはオシャレだと思う
のす

のすの感想・評価

3.5
古さは感じつつも、やっぱり押さえとかないといけない作品!

原作読んだけどあのムナクソ感はバッチリ再現されてたw

行き場の無い終わり方を向かえるけど、制裁と暴力は見方を変えると同じってこと?

時代を越えて観られる作品。
月

月の感想・評価

4.6
土曜日の夜12時、ベッドに寝そべって鑑賞
久しぶりに側弯症矯正の硬い木を背中の下に敷きながら再生

独特の世界観とシニカルなテイストが強烈なスタンリー・キューブリックの名作SFドラマ。
ベートーヴェンの「第九」や「雨に唄えば」などの名曲を散りばめながら、暴力とセックスに彩られた世界観を表現する独創的な映像美とシニカルなストーリーが見る者を魅了。
治安が悪化し、風俗の乱れた未来社会。少年ギャング団を率いて暴虐の限りを尽くしていたアレックスはある日、仲間の裏切りによって警察に逮捕されてしまう。刑務所に送られたアレックスは、やがて凶悪犯罪者の人格を改造する治療法の実験台となるが……。

うおおおお面白かったあああ
スタイリッシュでコンパクト、それでいて居心地が良い。鮮烈ながら一歩を間違えない洗練されたバランス感覚が超人的な名作
この作品の心地良さはどう表現するのが適当なのだろうか……
何が凄いって、語り部に彼を設定したことと、終始共に流れているなんとも優雅な彼の推定脳内BGMにより気ままな超暴力を追体験でき、アレックスの所業に対して一切の抵抗が湧かない
この映画の色は……事前に漏れ聞いていた様相とは受けた感覚がかなり違って、均整の取れた端正さが物凄く心地よくて、なんていうのかな……間違いないのは、汚くないってことかな!ストーリーのシンプルながら先の見えない転がり方には見入るし、不幸なことにわたしは今までの人生のどこかの地点で結末を知ってしまっていたのだけれど、それでも最後は唐突で、ナチュラルで、パチンと目の覚めるような衝撃だったよ!
めっちゃ面白かったです

ultraviolent

雨に唄えば

ガリバー痛

地獄型人間動物園

ルドビコ式心理療法

"I was cured alright."
watasak7

watasak7の感想・評価

3.7
最初見たときは何かよくわからないけれどとても不快なものを見たという気持ちになった。

男性的な加虐性と性衝動を自然なものとし、それらを直接的に描く。直視するのが苦しくシリアスな目線で見てしまうのを、牧歌的な音楽でコケにする。

解説や他の方の感想をいろいろ読んで、理解は深まったけど評価は特に変わらないかも。すごい世界観表現だけど好きな世界観ではない。
Ricky

Rickyの感想・評価

4.3
前半ぶっとんだ世界観に挫折しかけたけど、観続けたら面白かった

さすが名作
shin

shinの感想・評価

5.0
やっぱりキューブリックほどぶっ飛んでやがる監督いねえよ
どんなとこで終わらせとんねんww
雨に唄えばがいろんな意味で伏線なっとるやないか
キューブリック独特のカメラ変えずにズーム
実験シーンは観てるこっちまで頭おかしくなりそうで直視できん…
そりゃヒースレジャーがジョーカー演じるのにアレックス参考にしたら狂うわけだ

アレックスの独特な言葉遣いから変わってねえことぐらいわかるわ
14年入ってたほうが明らかに更生してたやろ
正に自業自得
だけどアレックスだけが全部背負ってるのはどうかと思う。ごろつきも確実に悪いしとんねんから警察はまずいやろ

陽気な音楽とクラシックで残酷なシーンすな
ベッドシーン早送りすな
akemi

akemiの感想・評価

-
なんか、、物語とか映画じゃなくて映像作品て感じ(笑)なにかテーマがあってそれを表した映像撮ってみたよ、みたいな?

理性とか我慢とかそういうのがまったくないし、描き方も直接的で単純で、しかも気持ちの描写とか情緒みたいなものがないから、衝撃的だしちょっと怖い。
なんか、評価しづらい。(笑)
Deadhicky

Deadhickyの感想・評価

3.5
ミルク・プラスを片手にドルーグがヤーブロッコをアルトラバイオレンスでトルチョックしてフィリーしてるところをビディー。

ドゥービドゥーブ、そんなことよりデポチカとイン・アウトしたい。
ハナ

ハナの感想・評価

3.9
性悪説的な…?ビビッドで洗練された画面なのに最悪で、可哀想で皮肉。
鑑賞前は何となく意味不明な話だろうと思ってたけど、観たらちゃんと筋の通った話だった。
「雨に唄えば」が好きなのに、めちゃくちゃ不快で頭をかき乱してくる感覚が最悪な主人公になぜか共感してしまう要因なのかも。
>|