USK

テイク・シェルターのUSKのレビュー・感想・評価

テイク・シェルター(2011年製作の映画)
4.0
精神疾患を患う主人公は毎日にように嵐の幻覚を見るようになる。これを恐れた主人公はシェルターを作りそこに篭ってしまう。家族の支えもあり、病気を克服するためシェルターの扉を開けるといった勇気ある行動(彼にとって)にでたのだがそこに待ち受けていたのは病気の完治か、それとも。。。

ヒッチコックの「白い恐怖」の主人公二人を思い出させる夫婦。完全に夫の精神疾患に立ち向かう家族の物語と思わせといてあのラストは衝撃的過ぎる。また流れ的にも不自然じゃないのがまた凄い。

「MUDマッド」が超好きだった方!期待を裏切られる事はまずないでしょう!