ikoan

84★チャーリー・モピック/ベトナムの照準のikoanのレビュー・感想・評価

2.6
1989年のベトナム戦争物。
POV、モキュメンタリーの戦争映画。
ある小隊に広報部隊?の2人が同行して偵察作戦をフィルムに収めたというスタイル。
まあ、低予算なんですよね。派手な戦闘シーンはほとんど無し、小休止の合い間の隊員達の会話や、携行食の食べ方なんかがリアルな感じで興味深くは有りましたが、やはりドラマ性に欠けますよね。ドラマを優先させると嘘臭くなるだろうし、リアルさだけなら記録映画でいいし、その辺の塩梅が難しいですよね。
監督は陽の当たる教室の脚本書いた方だったのですね。あの映画ではジョンレノンを飛び道具の様に使ったけど、今回はそうゆうの無しでした。
ちょっと残念。