ペコ

閉店時間のペコのレビュー・感想・評価

閉店時間(1962年製作の映画)
3.9
角川シネマ新宿にて、11日まで上映中!
高島屋の女性社員三人を軸にした群像劇。
女性の社会進出と共に、恋愛の形も変わっていく。職場恋愛の障害と、結婚とは何なのかを改めて考えさせてくれる。
「私はね、女のくせにって言葉が一番嫌いなのよ」とプンスコ怒りながら言う若尾さんが可愛いから、まったくめんどくさい感じがしない。女性はこんなにも生きにくいんだ!って訴える作品は、あってもいいとは思うけど、個人的にはそういうのめんどくせーなーと思ってしまう。、、が、若尾さんに言われたら、なんだか味方につきたくなってしまった。萌え~~(*´艸`)

野添ひとみのおにぎりカップルは場内で笑いが起こり、江波杏子のヘビ女っぷりには背筋が凍ったww
緑の服に赤いマニキュア、大きな口に長い黒髪。怖すぎる!(/ω\)

そして、この映画一番の目玉!!川口浩のチェックの海パン!!(ダサっ)
良い!非常に良いですよコレ!若尾さんの谷間よりこっちです!(どっちだよ)

今でこそ恋愛結婚は当たり前になりましたが、そもそも恋愛なんてしなくとも結婚は出来るわけで…。よく「愛してる」とか適当な言葉で誤魔化しますが、本当に良好な関係というのは、「愛」とかよく分からない熱病ではなく、相手を尊敬する心から生まれる「優しさ」なのではないでしょうか。
なんてことに気付かせてくれる温かい作品でした。
隣のおばさんよう笑ってたwwww