閉店時間の作品情報・感想・評価

閉店時間1962年製作の映画)

製作国:

上映時間:99分

4.2

「閉店時間」に投稿された感想・評価

yosimiki

yosimikiの感想・評価

4.5
若尾文子と野添ひとみがおんなじ画面にずっと一緒におさまっていて超絶リッチ
マツダ

マツダの感想・評価

5.0
超絶傑作、『最高殊勲夫人』には若干届かんけど
若尾&野添の銀座逆ナン可愛すぎて震えた、ガツガツしててボーイフレンド断捨離する江波杏子も妖艶で最高
観てる間ずっと幸せだった、野添パートは特に
DVD買う
若尾文子さんと野添ひとみさんが仲よさそうに楽しそうにしているだけで、すてきで胸がときめく。
川崎敬三は、フレンドの多い江波杏子に選ばれるだけあって、最初はいつになくさわやかイケメンで、こちらにもときめいた。
大木実と奥さんのエピソードもよかった。

「女優で見る〈大映〉文芸映画の世界」
@神保町シアター
川崎敬三の震えるクズぶり…(既視感)


デパート勤務の女性三人の恋模様。
呉服売り場 若尾文子
お惣菜売り場 野添ひとみ
エレベーターガール 江波杏子


全ボーイフレンド整理して、川崎敬三一筋にまで変貌した江波杏子。
結婚を意識させ覚悟のベッドイン後に

「実は妻子持ちでした~!」

というサプライズ…乙女心という清い畑を雑草も生えないくらいに焼き払い、
江波激昂するも取り合わず置き去りにして、全世界があっけにとられた瞬間。


カーテンの影からおどけて登場。

涙で川崎敬三にしがみつく江波…ああ、この女子は不倫地獄という死のロード行きが完全に確定したな、と。
クズの天才すごい。


目が見えても、若尾文子の朗読テープは購入したいなと思いました。需要ある。

野添カップルのおにぎり屋さんにての告白は、大映映画史上最も尊いシーンのひとつ。最高。


各エピソードのバランスがアレかな~と思うけど、どれもひとつの映画で観たいくらい面白いし、いっそそうして欲しかった。
ぱさお

ぱさおの感想・評価

4.5
2017.12.12
女優で観る〈大映〉文芸映画の世界
神保町シアター
tokio

tokioの感想・評価

4.1
Rec.
❶17.12.10, 神保町シアター/女優で観る<大映>文芸映画の世界
kunico

kunicoの感想・評価

3.5
男女共同参画社会が社会政策としてあげられたのは1999年なんだって、そんなつい最近のことだったかあ、と思った。

あやや、野添さん、江波さんの、若さと美しさを全力で武器に出来る20代キャピキャピ女子は、同じデパートで働く仲良し3人組。

「女のくせに」が口癖の新入社員川口浩にイラつかされてばかりのあややは「対等に働いてみせる」と涙ぐむが、結婚までの腰掛けと決め込む野添・江波ペアは「ええ、それが何か?」と開き直る。

女性の持つ仕事に対する意識というのは、昔からこうした個人差があったのだと気付くものの、やれセクハラやれパワハラと叫ばれる今日は昔と比べるとそう言った意味では働きやすいのかもしれない。今時気安く「女のくせに」なんて言える世の中では無いからね。

それぞれに恋愛もしていくが、叶わぬ恋であったり、既婚者に騙されたり、恋人が格下の取引先の人間だからと上司に疎まれたりと何やらひっちゃかめっちゃかだ。

60年代前半、社会の荒波に揉まれるうら若き乙女たちの闘いの記録。

川口浩の海パン姿が衝撃(でも好き)

このレビューはネタバレを含みます

2015年8月8日、角川シネマ新宿で開催されている『若尾文子映画祭』にて鑑賞。 
この映画、未ソフト化作品なので、貴重な鑑賞。 


デパート売り場を舞台にした気楽に楽しめる恋愛映画であった。 
原作は、有吉佐和子。 

若尾文子は和服売り場で生きがいを感じながら売り子をしているが、そこに新米社員の男(川口浩)が来て、「女のくせに…」などという川口浩の発言から二人は口論になる。 
しかし、若尾文子と川口浩という共演多数の二人なので、「この二人、結局はいつもどおり恋仲になるんだろうなぁ~」という気持ちになり、観ていて安定感あり(笑) 

江波杏子は派手なエレベーターガール。ボーイフレンド多数で何かと話題になるが、デパート宣伝部の男(川崎敬三)とイイ仲になるが… 

野添ひとみはデパ地下の惣菜売り場の売り子。惣菜を納品する男(竹村洋介)と身分差(?)のある恋をして… 

といった感じの娯楽作であった。 

コメディタッチの物語の中で、潮万太郎(デパート管理職員)があちこちを歩き回って、様々な売り場で楽しい会話するのが瀟洒であった。 


映画タイトルの「(デパート)閉店時間」の照明の使い方が上手く、「閉店でございます」のアナウンスと共に、次々とライトが落とされていくが、マネキンを照らす光が微妙に暗くなる様子、売り場全体のライトが減りつつ、そこに浮かび上がる若尾文子と川口浩の姿はグッドな描写であった。 


しかし、こうした娯楽作を観る機会が少ないのは惜しい気がする。
P後輩

P後輩の感想・評価

-
当たり前だが、風俗は今となっては古い。けど物語の運び方、演出、どれをとってもモダン。うまい。よくできてる。
それとは全く逆なのが、“今の”邦画のような気がする。
それぐらい50〜60年代の邦画コメディは質が高い。
増村の『最高殊勲夫人』と比べると劣るが、それでも良作。

どーでもいいことだが、川口浩のあやや彼氏率はいくら大映のお坊ちゃまとはいえ高い気がする。それが謎だ。
ちなみに川口浩は実際のところ、若尾文子ではなく野添ひとみと結婚した。それも謎だ。
それよりも一番の謎は、そんなモテモテお坊ちゃんがなぜいきなり訳のわからない探検家になったのか、だ。
まじでわけがわからん。

@角川シネマ新宿 *若尾文子映画祭2016
わかめ

わかめの感想・評価

4.0
若尾文子可愛いし、当時のデパートの様子やアフターファイブの繁華街の喧騒がキラキラしてて良かった
>|