Hawkwind

カポーティのHawkwindのレビュー・感想・評価

カポーティ(2005年製作の映画)
3.0
作家トルーマン・カポーティの生涯を描いたものではなく、代表作にして最後の長編『冷血』の執筆秘話。
カポーティというよりは、エルトン・ジョンにソックリなフィリップ・シーモア・ホフマンの静かなる熱演が光る。それにしても変な喋り方で、カポーティ本人も実際こんな風だったのだろうか。
映画では寝る時以外は終始眼鏡をかけているが、カポーティの写真を見ると眼鏡無しが殆どである。
執筆したのがノンフィクションであるために、色々な苦悩があったのは分かるが、やはり本当の「冷血」な人物はカポーティ自身だったかもしれない。
アルコールと薬物依存で苦しんだ晩年など、カポーティ本人の物語自体がドラマティックなので、いつか映画化が企画される事を期待したい。