gn

白い肌の異常な夜のgnのレビュー・感想・評価

白い肌の異常な夜(1971年製作の映画)
3.7
映画特電で知っていたので観た

いたいけない女児までもあんな男に惚れるとはすごい社会だ

悉くその場の女性との関係を築いていって、いざ同じ夜に皆がウズウズしてる所もそれまでがオフビートだった分カットもいきいきしてて良いシーンだった

確かにクリントイーストウッドのチャラつき具合は恐怖のメロディーに直結してる
しかもいきなり足を切る展開になるのはエグかった レザーフェイスよりもエグいかもしれない

カルト映画だった