イチロヲ

ダーク・スターのイチロヲのレビュー・感想・評価

ダーク・スター(1974年製作の映画)
4.1
宇宙探査船に格納されている高性能爆弾の異常を修復するべく、船員が制御コンピュータとの対話を試みようとする。後に「スターウォーズ」「エイリアン」で名声を上げることになるダン・オバノンが手がけているSF作品。ジョン・カーペンターの記念すべきデビュー作でもある。

「人間と人工知能の齟齬」という正当なテーマを喜劇調で描くことにより、個性溢れる娯楽作品に仕上がっている。

手作り感満点の舞台美術だとか、当時のシンセサイザーのピコピコ音だとか、アナログ機器のボタンをテキトーに押してる感じだとか、そういうレトロフューチャーな感覚が単純に面白い。

宇宙船内がちょっとしたヒッピーコミューンのようになっているあたりもツボに入る。宇宙が舞台なのに牧歌的ムードが漂っていて、全編がエキセントリックかつキッチュな雰囲気に包まれている。

まるで、有人宇宙飛行以前に書かれた古典的SF小説のような世界観。女性版HALの声がエロいという点だけで高評価に値する。