光一

キラー・エリートの光一のレビュー・感想・評価

キラー・エリート(2011年製作の映画)
3.7
実話に基づいたイギリス悪行が映画化!「実話ベースだと人物や物語が複雑になるからって婉曲・単純化しがち」だけど、この作品は、製作陣の誠実さが伝わってくる折れない構成だったなと思います。

オマーンでいき過ぎた戦争をしてしまった元イギリス陸軍特殊部隊たち。

10年越しにオマーン族長が復讐のために雇った最強の暗殺集団たち。

2つの勢力を中心にぶつかり合う様を、暗殺集団リーダーの視点で描かれています。

この実話をイギリス政府は否定しているらしいけど、ひと昔前のイギリスはこんな話ばっかり残ってるからなあ。

ロバートデニーロかっこよかったです。

ストーリー点3
監督点5
役者点4
映像音楽点3
印象点4
エモーショナル点3
追加点×
総合点3.7


ストーリー点…シナリオや舞台設定など。物語に魅力を感じたか

監督点…構成や演出などのセンス。不自然さを潰してリアリティを作れているか

役者点…俳優や女優の凄み、エキストラの質。キャスティングは適役だったか

映像音楽点…撮影や編集のクオリティー。グラフィックデザインや音楽は作品の世界観に寄り添えているか

印象点…作品として記憶に残るインパクトはあったか。個人的な好みはここに

エモーショナル点…笑えたかor泣けたか。感情の振り子を揺さぶられたか

追加点…同じ点数で並んだ他作品群よりも抜きん出ていると思えた場合は0.1〜0.2点加算