きしだギレンホール

山椒大夫のきしだギレンホールのネタバレレビュー・内容・結末

山椒大夫(1954年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

高貴な身分であるにも関わらず、母親と切り離され山椒大夫という荘園領主の元へ売り飛ばされてしまった厨子王と安寿兄妹。奴隷生活を経ること数年、厨子王の方はすっかり心が折れてしまう…。

本作は日本のヒーローものに近い性質があるように思います。個人的な復讐とクライマックスにおける自己犠牲、その後彼に残されるハードな現実というものが、私の目には非常にカッコよく映るのです。それが良いのか悪いのかはわかりませんが…。

ここまでは正直上手く言葉に出来ていないのですが、山椒大夫役・進藤英太郎の演技はかなりの見応えがありました。やはりヒーローものには魅力的な悪役が欠かせないのです。