なすび

裏切りのサーカスのなすびのレビュー・感想・評価

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)
5.0
ちょっとこの映画については話すこと多くなりそう、て今レビュー書く前に確信した、よし頑張るぞ笑

A long time ago in a galaxy far, far away…(頭の中でスターウォーズのオープニングクロール風に流してください)(特に意味はないけどやってみたかった)
まず友だちのおすすめで見た1回目、最初から全然意味わかんないし登場人物喋らなすぎだしお手上げ「小説読んでから出直そ〜」とgive upしてから月日は流れに流れていた…
季節は何度も巡り2018年5月、この前に見た「200歳のエリ」画面の質感や静謐な雰囲気が好みだったこと、最近本読んでないから何か読みたい映画の原作読んで映画観るやつしたい、かっこいい英国俳優に酔いしれたい(常なる願望)という要素が一点に集まり「俺は『裏切りのサーカス』で行く!」と全私が声を上げ満場一致で原作→映画に挑戦することに!
しかし、原作も難しかった…!冷戦スパイものの知識が浅い私にはかなりの高い壁だったのだ…!1/3ほど読んだところで脱落し、とりあえず最後の章から遡り少し読んで「なるほど…オッケー!」無理やり読んだことにし、映画に臨むことにしたのだった…

映画最高だった、めちゃくちゃ映画館で見たい!
台詞が最大限削がれて画面上の演出や役者の演技や音楽などで語る部分がとても多いのが渋くてすごくかっこいい。食い入るように画面見つめてたらあっという間に終わった…もっと色んなシーンが見みてみたい!

女性キャラの存在感を最小限にとどめて男たちの関係性を仄かに漂わせ続けているところも最高。正直自分は鈍くてあんまりよくわからなかったけど笑 「アイツとアイツは分かるがアイツとアイツもだし、いや待てよアイツはアイツとも!?」という感じでした…!

脚本も上手い!原作をうまく換骨奪胎して組み立てていた気がする(全部読んでないから偉そうなこと言えないが)エンドロールに「ブリジットオコナーに捧ぐ」って流れてきて調べてみたら、脚本のブリジットオコナーさんが映画完成前に癌で亡くなっていました、共同脚本のピーターストローハンとは夫婦だったのね…素晴らしい脚本をありがとうございました

役者陣は言わずもがな豪華すぎるしみんな素敵だわ😳
みんなは誰推しですか〜〜?正直一人に選べないよね…!私は今回はジムプリドー役のマークストロングに軍配が上がりました!!!登場シーンは少ないのにものすごい余韻を残してくる。コリンファースやゲイリーオールドマンもジョンハートもそりゃもうみんな凄いんだけど、マークさんの纏う寂しさと深い哀しみは恐ろしいほど画面越しにも伝わってきた…「この人過去に何かあったんだな」って一目見てわかる。さらにあの髪型最高にイケメンだからずっとあのヅラつけてて欲しいんですけど…

いや〜〜あと何回か見たいです、すんごい良かったなぁ。トーマスアルフレッドソンまた映画作らんのかな、もっと見たい!!!