超空間コベ

黒船の超空間コベのレビュー・感想・評価

黒船(1958年製作の映画)
4.0
ペリー来航から2年の1856年。
初の米国総領事となった
タウンゼント・ハリスと、彼を
支え続けた、唐人お吉の物語。

ジョン・ウェインといえば、
西部劇や戦争映画のイメージ
だけど、今作は趣きが違うね。

冷遇を受けながらも、時には
拳で、泥にまみれ、疫病とも
闘いながら、人々の心を動かし、
ついには将軍家定に謁見して、
条約を締結します。

全編日本ロケという事で、特に
奇抜な日本描写が見られなかった
のは残念だった。

ひとつ挙げるとすれば、劇中で
お吉が歌う、
『叱られて』や『通りゃんせ』。
これらって大正期に発表された
曲じゃなかったっけ…?

そしてやっぱり出た、ハラキリ!
どうやらコレ無しだと納得が
いかんらしいな、アメリカ人は。
(笑)

Wiki情報によると、ハリスは
生涯独身・童貞を貫いたそうで、
お吉は3日で解雇されたとか。
夢の無い話やなぁ…。☆