超空間コベさんの映画レビュー・感想・評価

超空間コベ

超空間コベ

映画(1867)
ドラマ(0)

脱出(1972年製作の映画)

4.0

「文明が自然をレイプするんだハハハ」

…と言ってた男達が、やがて
ダム建設で水没する運命にある
山間の連中に、レイプされるのだった…!☆

これまで観てきた中では、
『裸のジャングル』や『食人族』
>>続きを読む

トム・ソーヤー&ハックルベリー・フィン(2014年製作の映画)

4.0

ある種の特定需要へ対応するため、
原作より年齢がやや高く設定された
イケメン美少年二人組が、
駆け足感満載でお送りする冒険譚。

トム&ハックvsインジャン・ジョー
のヤラセ感漂うバトル。
アンパンマ
>>続きを読む

スネーク・フライト(2006年製作の映画)

4.0

あの『人蛇大戦・蛇』と双璧を為す、
うっじゃうじゃ蛇パニック映画!☆

確かに、リアルでシュールな
『人蛇大戦・蛇』の世界観の方が
ブッ飛んでいたし、
脅威が増殖するという点で
『デッド・フライト』は
>>続きを読む

水戸黄門 天下の副将軍(1959年製作の映画)

3.9

志村けんさんのご逝去、
お悔み申し上げます。

志村さんの代表キャラと言えば
バカ殿ですが、
新旧の時代劇でも様々なバカ殿が
登場しますね。時にそれは、
悪事のシッポを掴むための
カムフラージュだった
>>続きを読む

殺戮兵団ジェノサイダー(1995年製作の映画)

4.0

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』
における、栄えあるゾンビ1号、
ビル・ハインツマン扮する
博士が生み出した究極の殺戮部隊、
ゾンビ忍者・CZA!
(サイバネティック・ゾンビ・アサシン)

?ハ
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.0

地中海沿岸の美しい街並み。
その全てが、アラン・ドロンを
引き立てるために用意された
舞台なのだ。

「2人きりになったな…♪」
ライバルの女子が居なくなった
船の上には、イケメンの男と男。

照り付
>>続きを読む

キャリー(1976年製作の映画)

4.0

イヤボーンの法則?
だったらコレを観ろ!!☆
(頭はハジけません)

残り30分程でようやく大爆発と
なるわけだけど、それまでも
意外と退屈しなかった。
青春モノとしても楽しめたからかな。

―――目
>>続きを読む

ウエスタン(1968年製作の映画)

4.0

汽車の屋根にはブロンソン!
下にはジェイソン・ロバーズ!
危うし、ヘンリー・フォンダ!!
(笑)

撮り方、演出がもういちいち
憎たらしい程の素晴らしさ。
色々な過去作のオマージュが
織り込まれている
>>続きを読む

一枚のハガキ(2010年製作の映画)

4.0

「戦争は人殺し。やってはいけない」

長年訴え続けてきたテーマ。
1912年広島生まれの新藤監督が、
“映画人生最後の作品”として
世に送り出した遺作。

重い内容の作品でも、
笑いの要素を忘れない。
>>続きを読む

裸の十九才(1970年製作の映画)

4.0

開始30秒で、もうダメ。
観るのをヤメたくなった。
同じ人、多いんじゃない?☆

大二郎も気を使ってやってると
思うんだけど、映画的には
それがこちらに伝わっちゃうと
ダメだしね。難しい所だ。

まぁ
>>続きを読む

堕靡泥の星 美少女狩り(1979年製作の映画)

4.0

『徳川セックス禁止令』城主・名和宏は、
『チェンジマン』ギルーク・山本昌平に
妻を犯され、サディズムと犯罪の申し子・
神納達也が誕生する。

悪の心に知性を纏い、欲望のままに
生きる事を決意し、突き進
>>続きを読む

讃歌(1972年製作の映画)

4.0

何度も映像化されてる
谷潤センセの原作『春琴抄』。
今作はそのうちの一本。

新藤監督から乙羽信子への
インタビュー形式で、物語が
回顧されていく。
監督、何で血ィ吐いてんの?

原作未読なので偉そう
>>続きを読む

鉄輪(かなわ)(1972年製作の映画)

4.0

さしもの魔神ドリンガーも、
信子の強大な妖力の前に
為す術は無く、ただただ
翻弄されるのみ…!☆

【ストーリー】
観世栄夫とフラワー・メグの
浮気現場へ、妻・乙羽信子が
無言電話を掛け続ける。

>>続きを読む

後ろから前から(1980年製作の映画)

4.0

珍走団“デビル”のトップレディ、
ヨーコ(畑中葉子)。
彼女に惚れて足を洗うよう諭す
白バイ警官・行夫(高瀬将嗣)。

葉子には悪いけど、
映画ファンとして注目すべきは
やはり高瀬将嗣でしょう。
『ビ
>>続きを読む

ミラージュ(2007年製作の映画)

4.0

ミラージュ・ナイフが宙を切る!
闘え!ぼくらのミラージュマン!!
格闘センスは光るが、
ファッションセンスは皆無。(笑)

ひたすらストイックだった
『ザ・リディーマー』(同監督&主演)
を先に観てい
>>続きを読む

心霊食堂(2015年製作の映画)

4.0

『仮面ライダーカブト』前半最強の
ワームだった三輪ひとみが
ホスト役を務める、3話オムニバス。

すごいねぇ。
殺した人間の霊に復讐される。
そのまんま~なヤツをムリくそ
『深夜食堂』にタイトル便乗し
>>続きを読む

黒い雨(1989年製作の映画)

4.0

昭和も終わりを迎えたこの年に、
敢えてのモノクロ撮影が
リアルな説得力をもたらしている。

前半における、投下直後の
惨劇描写は凄まじい。しかし、
今作で主に描かれるのは、
二次被爆により、知人や家族
>>続きを読む

ひろしま(1953年製作の映画)

4.0

『原爆の子』映画化に当たり
近代映画協会と袂を分かった
日教組が、同『原爆の子』原作で、
広島市、広島市民、各団体の
全面協力を得て製作した競合作品。

同じ原作でこうも違うかってくらい
全くの別物で
>>続きを読む

どぶ(1954年製作の映画)

4.0

良く比較されるフェリーニの『道』と
奇しくも同時期に公開されたという
今作。
…う~ん、どっちも合わないや。(笑)

でも、やっぱり乙羽信子はイイね。♪
底が抜けた様な笑い。おどけ。
バカ殿にしか見え
>>続きを読む

くノ一忍法帖 劇場版 自来也秘抄(1995年製作の映画)

4.0

原作は、山田風太郎
『自来也忍法帖』。
1950年代にブームを巻き起こした、
妖しげな忍術合戦が繰り広げられる。

さあ、アナザーアギト・木野さん
こと樋口隆則。今回はどんな
カッコイイ役で活躍するの
>>続きを読む

(1955年製作の映画)

4.0

怪獣映画かと思ったよね?OP。
誰が聴いても伊福部サウンド。☆

「強盗でもやりませんか」

ブラック企業の保険会社で
営業成績不振の勧誘員5人。
どうしても金が要る彼らは、
郵便局の現金輸送車を襲う
>>続きを読む

キル・オール!! ~殺し屋頂上決戦~(2012年製作の映画)

4.0

『アナコンダ2』のジョニー・メスナー!
『ジャガーNO.1』のジョー・ルイス!
『キル・ビル』のリュー・チャーフィー!


「弱い忍者だ…!」

…なぜ、いきなり“忍者”なのか?
何のことはない。
>>続きを読む

ジャガーNO.1(1979年製作の映画)

4.0

“ブルース・リーを打ち破る凄い奴が現れた!”
(当時のビデオパッケより)

元全米カラテ・チャンピオンという
輝かしい経歴を持つ、無駄に
イケメンな格闘家、ジョー・ルイス。
YouTubeでは現役時代
>>続きを読む

裸の島(1960年製作の映画)

4.0

一切のセリフ無しで、全てを表現。
国際的に評価の高い名作。

その分、音楽がとても重要な
役割を果たしている。
また同時に、“無音楽の効果”も
改めて感じさせてくれる。

役者は殿山さんと乙羽さんだけ
>>続きを読む

トリプル・スレット(2018年製作の映画)

4.0

トニー・ジャーのムエタイ!
イコ・ウワイスのシラット!
タイガー・チェンのカンフー!

3人とも他の作品で観てるけど、
今作においての格闘スタイルは
素人の目にはどれも同じに見える…。
違いがサッパリ
>>続きを読む

原爆の子(1952年製作の映画)

4.0

あの日から7年後の広島。
家族でただ一人生き残った孝子は
当時勤めていた幼稚園に居た
3人の児童を訪ねて回る。

そして、かつて家の世話係だった
老人、岩吉と再会し…。

可愛い孫の幸せのために、辛い
>>続きを読む

薮の中の黒猫(1968年製作の映画)

4.0

平安時代。
夫が戦へと駆り出された間に、
母と妻は、侍の集団に凌辱殺害。
復讐の怪猫となり、色仕掛けで
侍達の生き血をすする。
戦を生き延び、帰って来た夫は…。

『鬼婆』の泥臭さと比べ、耽美的で
>>続きを読む

デビルズ・メタル(2015年製作の映画)

4.0

ニュージーランド発、
メタル+スプラッターアクション!
この2つ、もう相性良過ぎて
ヤバイですねぇ。♪

メタルおたくな主人公・ブロディの
“黒い讃美歌”が呼び出した悪魔で
町中溢れかえり、地獄絵図と
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.0

良かった。素晴らしい。☆

「さやかがケーオーなんて超ウケる♪」
この図太さを武器に驀進するのか?
なんて思ってたら、そうじゃ無かった。

どんどん増していく熱と重み、
厳しい現実に葛藤し、号泣するの
>>続きを読む

第五福竜丸(1959年製作の映画)

4.0

陰惨で鬼気迫る殺伐とした空気が
劇中を支配するかと思いきや、
久保山局長をはじめ、船員達の
陽気で朗らかな人柄がもたらす
明るいムードは、正直意外だった。

出来るだけ日常を描く事により、
この問題を
>>続きを読む

ずべ公番長 夢は夜ひらく(1970年製作の映画)

4.0

アメリカのミスコンで世界優勝を
果たしたというそのスタイルで、
他の出演者より抜きん出た
魅力を放つ、大信田礼子。

谷隼人のガッタガタな歯並びが
無邪気に光る。

『不良番長』からの応援キャラ、
>>続きを読む

鬼婆(1964年製作の映画)

4.0

人間の性欲 vs 鬼の魔力!!
勝つのはどちらだ!?
…いやぁ~、オモロ過ぎる。☆(笑)
新藤作品って素晴らしいね。♪

旦那が死んだからといって、
他の男と淫らな事をすると
“鬼”が来るぞよ…!!
>>続きを読む

シベリア超特急(1996年製作の映画)

4.0

居眠りばかりの水野閣下に
代わって身体を張るのは、
仮面ライダーアナザーアギト
=木野さんこと、樋口隆則!!

対向列車にぶつかりそうになる
『バルカン超特急』のオマージュ!
でも、ターザンで窓ブチ割
>>続きを読む

バルカン超特急(1938年製作の映画)

4.0

適度なユルさ。
期待を裏切らない展開。
安心して観ていられるサスペンス。
(←え?)

せんでもええ体操を夢中で
やってるマーガレット萌え♪(笑)

総じて、素晴らしい!☆

スパイナル・タップ(1984年製作の映画)

4.0

歴代のドラマーが不可解な
連続死を遂げているってことで、
現ドラマーである、あの彼が
いつどの様な死に様を晒すのか…?
そればっかりが気になってた。☆(笑)

アメリカ国立フィルム登録簿に
登録ですか
>>続きを読む

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

4.0

メタルへの愛と夢とゲロが
ブチ撒かれた、クソ最高に
ロックでヘヴィな一本。

もう可笑しくて、ずっとニヤニヤ
しながら観てた。(笑)
そして、ラストのやり切った感!
思わず涙。☆

フィンランドにある
>>続きを読む

>|