超空間コベさんの映画レビュー・感想・評価

超空間コベ

超空間コベ

フェアリー・テール・シアター/ミックジャガーのナイチンゲール(1983年製作の映画)

4.0

ぶははは!何やっとんねん
ミック・ジャガー。(笑) 

17世紀当時の欧州シノワズリの
影響下で創作された、
アンデルセンの『小夜啼鳥』を
元にしたFTTの一編。

当時のヨーロッパが東洋に対し
抱い
>>続きを読む

ブルース・リの復讐(1985年製作の映画)

4.0

パチもん、まさかの本家越え!
(←但し一部のみ)
ブルース・リ、主演&監督の
ブルースプロイテーション。

この映画が凄いのは、本家の
『ドラ道』さえ成し得る事の
出来なかった、セットでは無い
本物の
>>続きを読む

天使行動(1987年製作の映画)

4.0

郷ひろみが華麗なるハリウッド
デビューを飾る数年前、同じく
新御三家の一人、西城秀樹は…

―――香港映画で、死にかけて
いた!!☆(汗)

人命よりも映像重視!秀樹よ、
香港映画界へようこそ!♪
>>続きを読む

“酔猿拳”VS“蛇拳”(1978年製作の映画)

4.0

所々に既視感&既聴感。
これで敵が黄正利だったら、
笑いで胸熱になってた所だ。
(笑)

最初は弱かった主人公が、
酔拳と猿拳のマスターに師事、
どんどん強くなっていく!

…と言いたい所だが、酔拳の
>>続きを読む

非情のハイキック 〜黄正利の足技地獄〜(1979年製作の映画)

4.0

悪役といえば、この人!
『蛇拳』『死亡の塔』の敵ボス
として圧倒的存在感を放った
黄正利(ウォン・チェン・リー)
!!

ハイキック!回し蹴り!
空中三段蹴り!!☆

『蛇拳』でジャッキーの前歯を
>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

4.0

原作は連載中に読破したけど、
誰が死んで生き残りどうなるか
とか、設定も色々と違うので、
予測不能の緊張感が味わえた。

前半の不条理なホラー感と
絶望感が、やはり素晴らしい。

東映特撮ヒーロー入り
>>続きを読む

ブルース・リィの 大金塊(1979年製作の映画)

4.0

『アクエリアス』の元ネタ!?
いや、知らんけど。(笑)

皆さんご指摘の通り、とにかく
画質が汚ったない!
場末感満載。昔のサンテレビで
やってたあの感じ。アレだ。☆

ホー・チョンドー
(ブルース・
>>続きを読む

ブルース・リィの 刑事物語(1978年製作の映画)

4.0

「あなた、ブルース・リーに
似てる♪」(←笑)

冒頭シーン。意味も無く黄色い
トラックスーツ。ビルをロープで
登る主人公、ホー・チョンドー
(ブルース・リィ)!

所々でブルース・リーの仕草を
見せ
>>続きを読む

カンフー仁義 〜復讐の刃〜(1979年製作の映画)

4.0

コレは素晴らしい!!
目が離せない面白さだった。♪

師事した三人の達人が、次々と
殺し屋の手に掛かってしまう。
修行した技の全てを掛け合わせ
今こそ師匠達の仇を討て!!

主人公メン・ユンマンの尋常
>>続きを読む

タイガー&タイガー~猛虎激突~(1979年製作の映画)

4.0

嫁取り合戦を軸にした、どちら
かと言えば明るい作風。
殺伐とした残酷描写は無いが、
アクションはレベル高し!

【登場人物】
チャン・ウーロン(貧乏者)
フィリップ・コウ(米国帰り)
パメラ・ヤン(ヒ
>>続きを読む

天才カンフー(1979年製作の映画)

4.0

ネズミ拳!アヒル拳!蝶々拳!
少々おバカに見えるが、コレが
強いんだから仕方が無い。☆

何冊もの教本から速読で覚えた
様々な獣拳を変幻自在に駆使、
向かう所敵無しの主人公。

自らを天才と豪語する彼
>>続きを読む

怒りのドラゴン(1979年製作の映画)

4.0

チンピラヤクザの抗争を描いた
カンフー現代劇。

おっぱい出しときゃ喜ぶとでも
思ってんのか?みたいな前半を
経て(笑)、後半でようやく本腰
入れたカンフーの応酬に。


敵ボスが、主人公の居所を白状
>>続きを読む

仁義なき遊戯 〜十人の刺客〜(1977年製作の映画)

4.0

老け役のヤン・スエ。←こんな
ムキムキのジジイおるかッ!!
(笑)

登場人物の相関図を把握する
隙も与えず、闘いはどんどん
進められていく。

殺し屋師弟の元へ、様々な
10人の刺客が襲って来るけど
>>続きを読む

新幹線大爆破(1975年製作の映画)

4.0

シン・カンセン大爆破!!

爆弾魔・健さん vs
鉄道員・健さん!!

あらゆる点で、当時の東映の
野心が窺える大作ですね。

完全犯罪遂行に向け、黙々と
作業に着手していく、あくまで
クールな高倉
>>続きを読む

冬の華(1978年製作の映画)

4.0

「東映映画の観すぎだ!!」

小林亜星による、オロナミンC
映画。(販促効果には疑問)
マイクを持ったが最後汗だくに
なっても決して放しはしないぞ
!(笑)

カレーを品無く貪り喰う亜星に
対し、健さ
>>続きを読む

野性の証明(1978年製作の映画)

4.0

―――ネバ・ギバッ!!
―――ネバ・ギバッ!!

当時のCMで“never give up”
という英語を初めて覚えた記憶
がある。

反体制・反権力サスペンスが、
この時期立て続けに製作されて
ます
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

4.0

不器用な男の代表格、健さんが
鉄道員(ぽっぽや)の人生を全う
する。

…こんなん、泣くしかない。☆
年齢を重ねれば重ねるほど、
寒い冬の温かいお鍋の様に
心に染みる。

志村けん唯一の映画出演という
>>続きを読む

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

4.0

結末を堂々とジャケに持って
くるという、この期に及んで
もうネタバレもへったくれも
あるかってほどの名作。

色々と面倒臭い3人にどこか
違和感だけど、それもまた良し
としよう。

ビール。
醤油ラー
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

ぶははは、何じゃいコリャ(笑)
内容には一切言及しませんが…

コレって、製作者側の意図する
ちゃんとした解釈が存在するん
でしょ?
監督はクチを開かない様にして
くれてるけど、すべてがそれに
向かっ
>>続きを読む

ベスト・キッド3/最後の挑戦(1989年製作の映画)

4.0

いや~、やはり本家はイイなぁ
!!(笑)

劇中でもミヤギさんが言ってる
様に、根っこがしっかりしてる
からね。…?いや、多分。☆
少なくとも便乗作品に比べたら
明らかだぞ。

コブラ会の結束力が熱い
>>続きを読む

カラテ・キッド/激闘編(1989年製作の映画)

4.0

前作に続き、イケメン空手少年
アンソニーが、リヤ充を爆発
させるぞ!☆

舞台は、前作のフィリピンから
マイアミへ。
両親も彼女も向こうに置いて
来たらしく、全く登場せず(笑)

1作目は、ヴァン・ダ
>>続きを読む

カラテキッド(1987年製作の映画)

4.0

この時期に便乗量産された、
“ベスト・キッド映画”の一つ。
本家の原題“The Karate Kid”を
邦題に当てるとは、配給会社も
エエ根性しとるなぁ…。(笑)

しかし侮るなかれ!この映画、
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.0

『白雪姫』や『シンデレラ』等
に対し唱えられて来た違和感。
21世紀のディズニーが自らへの
ダメ出しでそれらに応える。☆

『シュガー・ラッシュ:オンライン』
でもそんな場面あったよね?
現在はそうい
>>続きを読む

空の大怪獣 ラドン(1956年製作の映画)

4.0

「途方も無く巨大な…
―――チクショーッ!!☆」
←コウメ太夫か?(笑)

大怪獣の前に、まずは小怪獣。

炭坑内での連続殺人事件。
犯人は誰だ?
ハリー・ウォーデンか!?(違)

検査技師の佐原健二
>>続きを読む

女忍者 潮吹き忍法帖(2015年製作の映画)

4.0

「秘書の秘所が大好きなの♪」
←久し振りに聞いたわ、その
ダジャレ(笑)

蝸牛一族が代々持つ能力で、
時空を超え現代に来た女忍が、
開発で消えようとしている里を
守るべく奔走する。

作りは安いけど
>>続きを読む

忍法忠臣蔵(1965年製作の映画)

4.0

居候先で、くノ一に群がられる
丹波哲郎。
『ポルノ時代劇 忘八武士道』
が始まるのかと思ったぞ(笑)

原作は、山田風太郎
『忍法忠臣蔵』。

『くノ一忍法』『くノ一化粧』
とカラーだったのに、第3作
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.0

バーク島が隆盛期の軍艦島状態
で、コレ大丈夫なん?と思った
けど…
それは次作のテーマのひとつに
なってる様なので置いといて。

衝撃的な事態も起きるけど、
あまり深く拗らせ過ぎないのは
個人的には歓
>>続きを読む

燃えよ剣(1966年製作の映画)

4.0

この映画を観るべき理由は、
ただ一つ。たった一つだけだ。

沖田総司を演じる、当時10代の
石倉英彦。
その若きエキスを、存分に堪能
せよ!!

鑑賞に際し、それ以外に必要な
ものなど、未来永劫一切皆
>>続きを読む

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(1975年製作の映画)

4.0

いやぁ~、くっだらないのに
つい笑っちゃうよねぇ。☆(笑)

黒騎士とかウサギとかロビンの
歌とか超毒舌フランス兵とか、
死体回収とか…。

そしてあのオチとか。
?何やねんアレ(笑)

東海道四谷怪談(1959年製作の映画)

4.0

必殺・戸板返し!!☆

次々と波状攻撃を仕掛けて来る
ドリフのコント元ネタに思わず
拳を握り締めて喜んでしまう。
これぞ、芸術!♪

部屋の中に一瞬、いきなり沼が
現れて「ドボン!」とか、もう
最高に
>>続きを読む

地獄(1960年製作の映画)

4.0

こ、これは…?笑っていいヤツ
なのか!?

―――いや、ダメだ!
笑ったヤツから真っ先に地獄へ
堕ちる。それがセオリーだ。☆

ほとんどギャグにしか見えない
アホ死に連鎖が周りで起こり、
その度に頭を
>>続きを読む

くノ一忍法帖 劇場版 忍者月影抄(1996年製作の映画)

4.0

風間三姉妹・長女 vs
仮面ライダーBLACK RX!!

原作は、山田風太郎
『忍者月影抄』。

同原作の
『月影忍法帖 二十一の眼』
(1963)と、
『くノ一忍法帖 影ノ月』
(2011)を先
>>続きを読む

くノ一忍法帖 IV 忠臣蔵秘抄(1994年製作の映画)

4.0

原作は、山田風太郎
『忍法忠臣蔵』。

主人公とか色々置き換えられて
いつものフォーマットに。(笑)

今回は、敵味方の事情が少々
複雑になるけど、やってる事は
全く変わらない。☆

赤穂浪士を女の色
>>続きを読む

くノ一忍法帖 III 秘戯伝説の怪(1993年製作の映画)

4.0

原作は、山田風太郎
『秘戯書争奪』。

それぞれの原作で世界観の
違いを見せていても、シリーズ
通してのフォーマットに乗せて
しまえばもう、皆同じ。(笑)

だがやはり、“忍法・乳時雨”は
くノ一シリ
>>続きを読む

くノ一忍法帖 II 聖少女の秘宝(1992年製作の映画)

4.0

原作は、山田風太郎
『外道忍法帖』。

同原作の『くノ一化粧』は、
グダグダなコメディが続いて
めっちゃつまらんかったけど、
コレはスッキリして観やすい。

原作では15人×15人×15人の
忍者が入
>>続きを読む

くノ一忍法帖(1991年製作の映画)

4.0

2/14のちきゅうラジオ企画で、
アメリカ人の忍者映画研究家
マンス・トンプソン氏の語りが
メチャ濃いィくて良かった!☆

アメリカ人の口から、マニアな
『赤い影法師』『風の武士』
『三人の忍者』等の
>>続きを読む

>|