daisak

TOMORROW パーマネントライフを探してのdaisakのレビュー・感想・評価

4.0
意識が高いだとか低いとか、人種とか国家とか宗教の垣根を超えて取り組むべき問題に目を向けさせてくれる。それも偏った見かたや強引さは全く感じさせず、自然に、自発性を重視して。問題は単純明解でいて実現可能と思わせてくれる。
グローバリズム・キャピタリズムの終焉とその弊害による現実とその先にある絶望的な未来を突きつけてくる。
そこで絶望して立ち尽くすのではなく、新たな選択可能な未来を提示してくれる。
それはミニマルで持続可能な本来のコミュニティの姿だったのかもしれない。
自分にできることから、重要な事は意識して生活すること。
色んな利権が絡んでいて一筋縄ではいかないかもしれないが、日本はなんでもかんでも米従属をとるのは間違いでエネルギーの方向転換を図るべきなのは明らか。とっくに中露は脱co2に向かっている。

作品全体が纏っているユーモラスな人格が好き。メラニーロランも好き。
何より北欧の教育システムの質の高さに眼から鱗。
do it yourself。