TOMORROW パーマネントライフを探しての作品情報・感想・評価

TOMORROW パーマネントライフを探して2015年製作の映画)

Demain

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.8

あらすじ

“人類は絶滅する恐れがある。それも決して遠くない未来に”──2012年、21人の科学者たちが権威ある学術雑誌「ネイチャー」に、私たちが今のライフスタイルを続ければ、人類は滅亡するという論文を発表し世界に衝撃が走った。その“事実”を聞かされたフランスの有名女優メラニー・ロランは、ジャーナリストのシリル・ディオンを相棒に、解決策を求めて、世界中の“新しい暮らしを始めている人々”に会いに旅に出た。

「TOMORROW パーマネントライフを探して」に投稿された感想・評価

Miwanco

Miwancoの感想・評価

5.0
世界での様々な取り組みについて、具体的な地名や会社名が出ていて、それぞれの場所でアイデアや行動を起こした方法、理論など分かりやすくまとめられていて、すごく参考になる。

これらを分かって起業しようとする人たちが増えること、そして深く学んで主体的に捉えるひとが増えること、そんな人が集まる地域が増えることが大切だ。

大きな仕組みに頼って生きる時代はもう終わり。

今、ギリギリ間に合う世代の私たちが、知らぬ存ぜぬで動かなければもう終わり。

地球4億年強の歴史の中で、たかだか百年余の間に急激に地球を痛めつけて、どれだけ自分勝手にやってきたのだろうと思うと、人として情けなくなる。

未来の子供達の幸せは、私たちにかかっている。

野菜を育てて種をつなぐことでもいい、お金を使う先を少し考えるだけでいい、それだけで大きな一歩。大事なのは、事実を知ったからには考え続け、そして必ずアクションすること!

小さなコミュニティの中で、自分が出来ることをどうにか探し出してやろうとしていく姿勢を持つこと。ギブアンドテイクが絶対大事。今私たちが当たり前に享受している美しい地球の姿も、自然に生かされているという喜びも、生命の多様性も、すべて未来の子供達のために残すべき宝。

考えよう。そして始めよう。
nori

noriの感想・評価

-
このままいくと、人類は遠くない未来に絶滅するだろうと言われている。
それをなんとかしようとする人々を追ったドキュメンタリー。

分かるな~と、思うんだけれど、私は一体何ができるのかを考えると、そこが難しい。
何かをし始めるのは大変なのだ。
ここ日本の田舎で、車のない生活ってどうしたらいいの?
野菜は、周りで農家が作っている。
地元のお金をと言われても、使うところがない。
困難が多い。

教育は考え方次第でできそう。
まず、衆議院議員をくじ引きで決めたら、いいのかもしれない。
選ばれた人は、真剣に考えると思う。

政治家だけが国を回していてはいけないのだな、と言うことがよく分かった。
yuuki

yuukiの感想・評価

3.4
ここ数年でよくあるタイプのドキュメンタリー。

生活用品を始め、想像しやすいものを例に挙げているため内容が分かりやすい。
国や都市のチョイスも馴染みあるところが多く飽きにくい。

葡萄の下でトマト、さらに下でバジル。
クリエイティブなものに溢れ工夫することを忘れがちな今だからこそ、新たに考えられることがあるのかもしれない。


論文のように各章がリンクしていて観やすい。
教育の部分が好きだった。
10/26
DVD
分かりやすい。且つ、偏ってないと思った。オススメ。
テラ

テラの感想・評価

4.3
ドキュメンタリー映画を観るのは、ほぼほぼ初めてだったが、映画が進めば進むほど、もっと色んな経験したり、違う国や人種の人と交流してみたいなぁって強く感じさせられた。
映画の前半では、現在地球全土で起きている問題や今後の展開に対しての恐怖感を抱く部分が多く、未来に不安を感じたが、農業、エネルギー資源、経済、民主主義、教育の5つの視点から世界を変えるビジョンを行なって結果を出している地域や人々が存在することを知るにつれて、行動を起こしている人が世界にたくさんいて、自分も何か貢献したいというポジティブな気持ちにさせてくれた。
nAru

nAruの感想・評価

3.4
個人的に見れて良かったのは
最後のフィンランドの教育システム。
やっぱりフィンランド、好きだ。

多様性を認めること、答えが一つではないこと、特別な権限を持った人間なんていないこと。

豊かに暮らしてゆきたいね
めり

めりの感想・評価

2.9
ドキュメンタリーだけど、暗すぎない。音楽やテロップがお洒落で、色んな国を旅するみたいな感覚で見れた。
自分も周りも大切に生活する人々の、素敵な取り組みを浅く広く知る事が出来た。とても興味深かった。
川T

川Tの感想・評価

3.3
肥大した世界では皆でせーので生き方を変えることができない。かといって閉じこもり、自分だけの世界を構築することも許されない社会。否が応でも繋がってしまっている社会では、一人一人の良心の教育と、変化に対するインセンティブを与えないと。
持続可能な社会を目指して。
デトロイトの都市農業、地域通貨など
知らなかったアイデア多数。

Nスペでもよさそうだけど
人生について考えさせられるで候。
haruka

harukaの感想・評価

2.8
有機農業や小規模農業を
取材してる人たちが
ファストフードを食べている
ところに笑ってしまった、、、、

こういう問題をテーマに
したらいい映画だよねと
いう感じがものすごくでていた、、、、、
>|