TOMORROW パーマネントライフを探しての作品情報・感想・評価

TOMORROW パーマネントライフを探して2015年製作の映画)

Demain

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.8

あらすじ

“人類は絶滅する恐れがある。それも決して遠くない未来に”──2012年、21人の科学者たちが権威ある学術雑誌「ネイチャー」に、私たちが今のライフスタイルを続ければ、人類は滅亡するという論文を発表し世界に衝撃が走った。その“事実”を聞かされたフランスの有名女優メラニー・ロランは、ジャーナリストのシリル・ディオンを相棒に、解決策を求めて、世界中の“新しい暮らしを始めている人々”に会いに旅に出た。

「TOMORROW パーマネントライフを探して」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

4.1
「私たちが今のライフスタイルを続ければ、人類は滅亡する」という衝撃的な論文を受け、解決策を握る世界中の人々に会いに旅に出るドキュメンタリー映画。
食、エネルギー、経済、民主主義、教育の5点に分けて紹介され、今まで知らなかった各国の様々な政策を知りとても衝撃を受けた。
誰にでも世界に変化を与えることができるんだと、この映画は教えてくれた。
niko25

niko25の感想・評価

4.5
見るべき映画
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

4.0
環境問題は、農業、エネルギー、経済、民主主義、教育など、様々な事も絡めて見ていかなければならないらしい。私たちと一緒に勉強しようといったスタンスで、もう始めてる人や地域の事例が、順に紹介されていく。

個人で、できることから、意識を変えていく必要を感じます。
長沼 カフェハナレにて
rui

ruiの感想・評価

3.7
観たかった映画。
大阪で見逃したけど、北海道で仲良くなった方のお店で自主上映会を開催してくれたので念願の鑑賞。


多様性を認めること。
寛容になること。


これらを意識して実行に移すのは簡単なようで難しい。
でも実際に行動している方たちが世界にはたくさんいてる。
日本にもいてる。
北海道にもいてる。
自分の暮らす町にもいてる。
要は自分の気持ち次第なんだろうな。

もっと色々感じたことがあったから書きたいけど、
まとめられないし脱線する気しかしないから、やんぺ。
EiTanaka

EiTanakaの感想・評価

4.4
現在は、人類の歴史4億5000万年の中で6回目の深刻な危機に瀕しているみたい。
環境問題、貧富の差、経済などこれからのライフスタイルのことを考えるためにも是非オススメしたい作品。
爽やかそうにみえて強いメッセージ性のあるドキュメンタリー映画。
ほんわかスローライフ映画の気分で臨んだら地球の環境を考えるすごい啓発系の映画やった、2時間見続けてるのはちょいとしんどかった

大部分の利益を搾取する大企業とそのためにある政府って民主主義をすごい逸脱した構造にヒエ〜〜ってなった、地域通貨を作って中小企業や小さなコミュニティを守るっていう試みが印象的やった
chiho

chihoの感想・評価

2.8
とても大切な事だし、実はほとんどの人が気づいていることなのだけど、実際に行動に移すところまでは、まだまだいっていない。
それでも、このドキュメンタリーの中では、実際に少しずつ動き始めている人たちがいて、とても心強く、勇気づけられる。

マイノリティだから、ではなく、マイノリティでもそれが正しい行いなら、自然と人や運は付いてくるのではないかと信じたい。

今の人は共食いの仕方も知らないという皮肉が、ブラックだけど鋭いなと思った。
ぷりん

ぷりんの感想・評価

3.1
持続可能な生活を進めるために 必要なことを いくつかのセクションに区切って 実践者を訪ねて 自分たちの生活のヒントにしていくスタイル。

ダイバーシティと称して 多様な価値観を共有しあう社会を目指そうという人は多いけれど、でも この映画で取り上げられていたように、ダイナミックに かつ おしゃれに取り組む人って なかなかいないような気がします。
やっぱり 海の向こうのお話だからかなぁと思ってみていましたが、「教育」のセクションで フィンランドの学校教育の取り組み方を見たとき あ~これねぇ・・・小さいときから こういう環境で育っていたら 多様な価値観を育てるといってもわかるような気がするわぁと、●●年前の義務教育時代を思い出し あこがれを持って 無邪気に遊んでいるかの地の子どもたちを見ていました。




 
m

mの感想・評価

4.0
今と同じ生活を続けていると、人類は絶滅するらしい。知らなかった。

大規模農場で作られた農作物は、何千キロも移動し、その移動には石油が使われている。地域の中小農場の可能性。

ぶどうの葉の下でバジルが茂り、トマトも実る。
多様性を認める寛容さ。
人間も自然と同じ。共生。

よく分からないけど、何か大切な物を奪われた感覚、窃盗感。
民主主義と言う、破綻を迎えた政治と経済。一部の人間による搾取。
ライオンは、餌を蓄えたり、仲間に売って金儲けをしたりしない。

ひとりひとりが独立し責任を持つ。
問題解決能力を学校で学ぶ。

世界には、色々な解決方法があって、それに取組んでいる人がいるという事が、よく分かった。
人類が絶滅しないように、一緒に考えて、改善の行動をするために、この映画は、良いきっかけになった。
>|