かな

パフューム ある人殺しの物語のかなのレビュー・感想・評価

4.5
生まれながらにして鋭い嗅覚を持ったジャン=バティスト・グルヌイユ。
数キロ先の匂いをも感じ取れる。
ぼろぼろの身なりのジャンと、彼の良い香りに出会ったときの恍惚の表情。
画面から溢れ出るような香りの描写にうっとりしました。
「命の源は香りにある」
香りを捉えたかったジャン。
嬉しそうな表情、悲しそうな表情。
胸が苦しくなります。
ドキドキしながら観ました。
ラストが不思議だなと思いました。どう解釈したらいいんだろう。
ベンウィショーの映画を観るのは実はこれが初めてで、とにかく可哀想と聞いていたのでどんな感じなのかなと思っていたのですが、可哀想な役を繊細に表現していて引き込まれました。子犬のような潤んだ瞳が印象的でした。
ベンウィショーの映画、たくさん観てみたいけど、近所でなかなか取り扱っていなくて、観られなくてもどかしいです。
ベンウィショーはとても魅力的な俳優さんだなと思いました。見る人の心を掴んで離しません。