しおり

ウルヴァリン: SAMURAIのしおりのレビュー・感想・評価

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)
3.2
外国人だったら面白いと思えたかも。


“内容”は面白かったです。
エンドロールも最高でした。
ウルヴァリンのアクションシーンも良かったです。
新キャラのユキオも推せる。


ただ1つ…
日本人の演技力に落胆。
別にカタコトの日本語ではないんですよね。そこはすごく配慮してくれてるなって言う気はしました。
でも棒読みされたらその配慮も全くの無意味。
日本語のシーンになる度、私のテンションは下がりました。

日本の描写もまるで中国のよう。海外から見たら極東の中国や日本や韓国は同じように見えるのかもしれない。だから仕方ないのかもしれないけど、もっと日本についてリサーチして舞台のベースを作ってほしかったかな。

だから私は自分が外国人だったらすっごい楽しめるのにな、と思ってしまいました。
ほんとにアクションとかストーリーは私好みだったので、ただただ惜しい。

次はフューチャー&パスト!
気を取り直してまた見たいと思います!!!!