柏エシディシ

わたしはロランスの柏エシディシのレビュー・感想・評価

わたしはロランス(2012年製作の映画)
4.0
コレをわずか23歳で撮るって、どういうことよ?

娯楽と芸術。男と女。リアリティとマジック。二つのボーダーの狭間を軽やかに踊ってみせる、若き天才の傑作。

トランスジェンダーと社会適合に関する問題を語りながら、頭デッカチになる事もなく、
時にコミカルに、時にシリアスに、時にマジカルに物語を紡ぎ、最後までひと組の「男女」の普遍的なストーリーに帰結させる見事な手腕。
素晴らしい。

この後、「トム・アット・ザ・ファーム」、「Mommy」と、また違った切り口の作品も撮ってしまう辺りも、底が知れないというか、末恐ろしいというか。
その才能の行き先を今後も追い掛けていきたい、天賦の才能。