わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

なんでもっと早く観なかったかな〜〜ってくらい、めちゃくちゃカッコいい映画だった。ロランスが美しい。
あ

あの感想・評価

4.2
久しぶりにみたら前より良く感じた。
むしろ凄い好きだった。

顔のヨリをウザくさせない、素晴らしい引きの画と、シーン繋ぎのBGMのハマり具合、
それに、なんと言っても二人の演技。

曖昧な記憶でラストシーンが洗濯物が落ちて来るところだと思ってたら、その後もあった。
ちゃんとその後まで描こうとする根気強さ凄いなあ。
普通、時間的に絶頂な二人のあのシーンで終わらせてもいいような気がするけど、ドランは嫌だったんだろうね。

お互い相手を喜ばせようと、自分の気持ちを抑えて頑張るのに空回りしてるとことか人間味があって愛おしい。

オスとかメスみたいな記号を抜きにして、人間という生物の愛の映画。
レビューできない…
とりあえず、わたしはドランの忘れ得ぬ人に一生嫉妬し続けるだろうし
ドランの愛には一生及べない。

「目線は、空気と同じくらい重要」
tina

tinaの感想・評価

5.0
被害者のような加害者2人の愛の激情ストーリー

かなりクセのあるBGM、芸術的なカット、縦方向の字幕、ロランスのウインクの破壊力、好きだなあ
起伏があって飽きない
n

nの感想・評価

3.1
映像が綺麗って言うから見たけど女優もファッションもインテリアも可愛くなくてテンションもきついから途中でやめそうになった

けどフレッドがウェイトレスにキレたところからよかった

日本のゲイカップルは、特に女性だと女役男役みたいな感じで男女がくっきりとしてるけど、フランス映画を見ると相手が同性であっても異性で女装していようとそんなのどっちでもよくて論点にもならない感じがいいなあ
maiho

maihoの感想・評価

3.9
レストランでフレッドが店員にキレるところ、ロランスのウィンクそして口から蝶が出てお会計お願いしますと言うところ、フレッドからの手紙、そこでガッと持ってかれた。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.2
長いミュージックビデオを見ているようだった

ロランスがフレッド誘う時のやつすっごいかっこいい
tsura

tsuraの感想・評価

4.9
見終えて何故だか変な妄想に耽っていた。

あいみょんの「愛を伝えたいだとか」はあいみょんが本作に少しばかり触発されてはいないだろうか…

いや、あまりに身勝手な妄想失礼。

でもこの愛のぎこちなさとか共通項あったりして…

とかなんとか言ってみたりしてるけど、とりあえず鳥肌が直ぐに落ち着いてくれなかった。

だって、凄過ぎて俺が何処かにトリップしてたよ。(しすぎ)

全身全霊で作品と向き合ったのは今作以外にどれほどあったか。
私の躰など…もうどうにでもしてくれ、だよ。
心身から溢れんばかりのエモーショナルなエネルギーが私の脳内を掻き乱し狂わせてくれる。
人に伝えるという熱意や想いがこんなにも言葉に置き換えられずに苦悶してしまうのはいつぶりだろう。

言葉が何処を詮索してみても見つからないのは私がそこまでなのか、それともグザヴィエ・ドランとこの作品が例え見つけれた言葉すら凌駕する出来映えなのか。

どうか見て、体感すればきっと私の苦悩は解ってくれると思う。



作品中の愛は激流にあるけれどそもそも愛っていう感情、人間の根源にあるその本質を今作は2人(ロランスとフレッド)になぞらえて、奥深くまで探求している。
でもその途轍もなく困難で行き詰まりになりそうなその解へと辿る行程をけっして省かず丁寧さと大胆さを織り交ぜ且つセンセーショナルに見せる事で色んな可能性に富んだ作品に完成されている。

これが人の心を掴んで離さない、という事なのだろう。
最早私の心などロランスとフレッドの愛で隅の隅まで埋まってしまった。

ロランスとフレッドの物語はあるきっかけで繋がらなかった2人の"人生"が交差し紡がれていく。

以前鑑賞した「スパイダーマン:スパイダーバース」じゃないけれど人の出会いって実はマルチバースのみたいに様々な多次元的なところから何かのきっかけで空間に穴が空いて人と人とが繋がっていくみたいな…そんな時間の経過や因果をこの作品は3時間弱で余すところなく見せるのだ。
(時間の流れを描く丁寧さで言えば「6才のボクが、大人になるまで。」の方が近しいし、あの作品の様に丁寧に人の過程を追っている)

構成もまるで交響曲の様に決められた調、テンポがある様にこの作品もいくつかのチャプターに切り分けられてはいるが的確にその色の変わりを美しく見せている。

まるで第1楽章は稀代の名曲群に恥じぬメロディックな旋律を引用したの様に、乗っけから掴まれる。

ロランスは誕生日に積年の苦悩をフレッドに打ち明ける。それは「私はずっと女として生きたかった、もう男を纏う事が辛い」と。
当然、"男"として見ていたフレッドはショックを受ける。
しかし彼を心底愛していたし、だからこそ彼女はロランスの最大の理解者でありパートナーとして添い遂げようと決心するわけであるがどうにもこの2人、反発が凄い。(何故、フィーリングの合う2人がある辺りから衝突しがちになるのかは核心に触れるので言及しないが)

2人は土曜のランチでの"爆発"を機に離れていく。

ここでのウェイトレスに対する怒りの描写は圧巻である。(ここの描写一つでセクシャルマイノリティーの置かれた立場の明示に加え、怒りを吐露している)
この前半部で目立つのは徹底的なまでの他人からの「視線」でありそれはロランスとフレッドやそれ以上に世間が自分をどう見ているかを差別的な迄に映すようだ。
ここでの違和感はとにかくロランスの話なのに、"誰か"が遮っているような窮屈さを感じてしまうのが恐ろしい。

時を暫く経て、詩人として目を上げだしたロランスがパートナーがいながらも忘れられない感情を吐露する。
彼が紡ぐその詩でもう一度失った愛を叫び、自分の存在証明を示す。
実はその詩集にはフレッドのことを思って書いた詩があり…
いよいよこの辺りの描写から2人の歩んできた道とこの先どうなるかがどんどんとエモーショナルな展開されていく。
しかし後半はロランスという女性の激動がこれでもかと言わんばかり炸裂してくるわけだが、それはもうペドロ・アルモドバルもびっくりの愛の讃歌である。
言及したいクライマックスに向けて映画は更なる輝きを放つのだがもうこれ以上のネタバレはしたくないので笑


かつてキング牧師が、
「私たちの子どもが『白人専用』の標識によって彼らの個性をはぎ取られ、彼らの尊厳を奪っている」

その言葉には黒人の立場の苦しみや不平等が溢れている。

この作品は単に差別や偏見に対する闘いを描いているわけでもないが、明らかにロランスはその見えぬ刃に心身のキズを負っている。
でも彼女持つ強さ、弱さも含めた人間らしさや、その溢れ出る美しい言葉とより逞しくなる美しい姿でもって彼女としてのアイデンティティを昇華させていくことで、その後ろめたいものと上手く対峙し、単なるラブストーリー、ジェンダーに対する考え方を唱える作品とは一線を画す素晴らしい出来になっていた。

ロランスという人間の旨味が一つの作品を
ここまで作品の強さに結びつけているわけだが、そんな事を一貫してやってのけた作品はそれ程体験した覚えがない。

それにしてもグザヴィエ・ドランの演出というか仕掛けには恐れ入る。
今作はそのストーリーに合わせ、2人の感情の起伏にとびきりのインパクトを残してくれるのだが例えば、フレッドのもとに届いた詩集「彼女たち」の溢れる言葉に触れたフレッドの心情をミニマルな空間をバケツをひっくり返したような洪水で覆うという慟哭を表現したり、最初の別れに乗せるメロディは何を隠そうベートーベンのsymphony No.5→"運命"だなんていう突飛。

それに傷ついたロランスを助けるセクシャルマイノリティな人達が纏うファッションはジャン・ポール=ゴルチエやガリアーノ様な絢爛な色使い。
(彼等とのやり取りは随所で不思議な落ち着きを与えてくれる巧妙さ)

おまけにクレイグ・アームストロング「let's go out tonight」でどっぷり感動に浸漬してる我が身と心にビシビシ響きまくってもうヤバい。


大絶賛し過ぎで自分でも怖いが長尺をもろともしないその強さを感じてほしい。

愛を感じてほしい。

あなたのいる世界が少しでも愛が欠けていたらこの作品を手に取って欲しい。
euinsd

euinsdの感想・評価

4.5
グザヴィエ・ドラン監督作品は、『たかが世界の終わり』のみ鑑賞。

なっがいよ。
「最初の方のシーンいらなくなーい⁉︎?」と思ったり、最後まで見て「ごめんなさい、やっぱり必要でした」って感じたり。

それにしても、「ニューヨーク行こうぜフゥゥゥゥ〜」とフレッドがはしゃぎまくるシーンは、最高にイライラした。
『たかが世界の終わり』で、始終、家族の会話にイライラしたことを思い出した。

やっぱり同じ監督が撮った映画なんだなぁ。

この人のBGMの使い方が嫌いと、この映画を見て確信。
かっこいいともいえるけど、うるさいんだよな。

シャルロットがロランスに見切りをつけて出て行くシーン。
消音にしようか迷うほど不快なBGM。
でも、あそこはあのBGMで正解なんだろう。観ていて不快になったのがその証拠。

いろいろ文句はあるけど……すごく良かったです……。

ロレンスに絡んできた喫茶店のおばちゃんに、フレッドが激昂するシーンは特に良い。
理解者でいたかったけど、やっぱり無理。
でもそれを認めたくない。
私はこんなに頑張っているのに、我慢しているのに、ロランスを愛しているのに、どうして?
……という、彼女の切なすぎる想いに、大粒の涙にガツンとやられてしまい、つられ泣き。

良くも悪くも、LGBTをキレイキレイなラブストーリーにしていないところはすごく良かった。
フレッドもロランスも、愛にはピュア。
相手を求めているのにうまくいかない、切ない立場ではあるものの、その実めちゃ自分勝手。

自分の痛みには敏感なのに、相手の痛みには鈍感で。
別にロランスがシャルロットを捨てたとか、フレッドが夫と子供を置いて愛の逃避行もどきをしたとかではなく、考え方が自分本位というか。

でもそのややこしい心理描写がなが〜い尺の中でじっくり描かれていて、「性別ってなに? 男とは、女とは……愛とは……」と小一時間悩まされました。
にか

にかの感想・評価

4.0
う〜〜何を感じるのが正解か分からなかったけど今は胸が苦しい〜
本当に幸せでキレイな瞬間の映像もおちおち見ていられない、先を考えて切なくなった、でも暗いわけじゃない
映像と歌詞がずっと最高
何度も見ないとまだ分からない
>|