わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを…

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

おゆき

おゆきの感想・評価

3.5
30代半ばで初めて自分がセクシャルマイノリティーであることを明かした男と、その恋人である女の話。

男は、女になりたい(男が好きなわけではない)。メイクもしたいしスカートやハイヒールも履きたい。だけど仕事や恋人を失ったり、周りから非難や嘲笑をされたりするのが怖い。

女は、そんな彼を受け入れたい。セクシャルマイノリティーと知っても彼を愛しているし、離れたくない。彼が女として新たなスタートをきることを応援したい。だけど家族からは反対され、デート先では外野から好奇の視線を浴びせられ、「普通の幸せ」が羨ましくなる。

そもそも普通って何?


‥というような、けっこう複雑な話。

そういう複雑な感情が非常にリアルに描かれていると思う。どうすれば大団円になれたのか、ぜんぜんわからなくて、切ない
K2

K2の感想・評価

4.7
"LAURENCE ANYWAYS"

今の自分と同い年でこの作品作ったと思うとため息しかでない。バチバチなBGMキメてきて、「今日がXデーか」からルイ16世の引用の流れは完璧すぎて鼻水吹き出た。

フランスでもLGBTQがまだ浸透しきっていない80s後期頃の服装、特に色合いが最高で更に精神的な性が女性だけど性の対象も女性という設定の妙が光る。

ドランが描く母親をはじめとした強い女性との関係性は本当にグッとくるものがある。尺長くて若干たるむけど話の切れ目が分かりやすくて怒涛のように喜怒哀楽が渦巻く力のおかげで見やすい。

若きアントワンオリヴィエピロン超かわいい。

全く関係ないけど引用があった(聖書の方かもしれないけど)ニーチェの『この人を見よ』は本当に爆笑が止まらない名著だから必読。
otom

otomの感想・評価

4.5
"わたしはロランス" 狂おしいまでの'80年代臭。つい最近、放浪息子の最終巻も出たばかりと云うタイミング。24歳の監督、グザヴィエ•ドランの映像美にドキドキしっぱなしの2時間48分。"マイ•マザー"程の衝撃はなかったが、傑作。失禁レベルの"Fade To Grey"が最高。
こまち

こまちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あまり好きじゃなかった

のに。

ラストでなんだか作品の印象がガラッと変わってしまった😲

カテゴリーは「セクシュアルマイノリティ」というより単純に恋愛物語寄りだったかな。

ロランス自身の葛藤というより、「ロランスとフレッド」のひと組のカップルの話。

とはいえ、彼が「変身」してからの周りの反応はやはり心が傷むよなぁ。

ロランスは最初の方で「女性になりたい」とどこか腹を括ってるところがあったからあまり迷いを感じなかった。
一方でフレッドは、ショックをうけたり、でも愛してるから離れられなくて、違う人と一緒になってみたけど無理で、でも、でも…って。

なんだろうなぁ。
うまく言えないけどなんか、心に残っちゃうなぁ。
でも、あまり好きじゃない笑
A

Aの感想・評価

4.0
服が降ってくるシーンが印象的。何を着ていても、男でも女でもロランスはロランスだ。女装して歩いている時のロランスから見た周りの目が怖かった。
グザビエ・ドランの映画は一つ一つのシーンやカメラワークがとてもきれいで好き。
傑作

センス良い映画かと思ってたらドラマもしっかりしてる

少し冗長に感じたが勘違いかも
もっとちゃんと見とけばよかったかも

このレビューはネタバレを含みます

本当にこういうフィクション、身近にあるんだろうな… 見ていて苦しい部分もあったけど 全部見れてよかった。映画という1つのメディアで 現代に訴えていくこと 大事なことですね。

男だから好きになったとか恋人になる時に考えることじゃないけど、突然「心はずっと女だった」って告げられて 化粧をしたり女装をし出して 苦しくてもう別れたくて でも彼を見放せなくて、「彼氏にカツラ買ったことある?ないでしょ?彼が外へ出歩くたびに 殴られてるんじゃないかって いつもいつも心配になるの」て激昂してるシーン 本当に心から愛してるってこういうことか ってなった。良い映画。
グザヴィエ・ドラン監督作。ほんと独特の世界観だよなぁ。好き嫌いは別れそう。私は好き。
ただ、ラストシーンはちょっと良く分からなくて、え?となってしまった。またいずれ見直そう…
主演のメルヴィル・プポーは、オゾン監督の「ぼくを葬る」での超絶イケメンぶりと役作りが大好き。
国領町

国領町の感想・評価

5.0
グザヴィエ・ドラン監督が90年代のカナダを舞台に、心と体の性の不一致に苦しむ男性とその事実を打ち明けられた恋人の10年におよぶ愛の道行きを見つめたヒューマン・ラブストーリー。
第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、クィアパーム賞およびある視点部門最優秀女優賞(スザンヌ・クレマン)

グザヴィエ・ドラン interview
http://www.webdice.jp/dice/detail/3969/
白の

白のの感想・評価

5.0
「女になりたい」と「それでも彼女を愛したい」の板挟みに葛藤するロランスは、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で理解者を失う怖さと止め処ない欲望の虚しさを知る。
自然の呈示する合理性は自由意志を残酷なまでに攻撃し、出会いと別離の中で育まれる苦悶と憤慨は叫びとなって人々の道徳的考慮を疑う。
この酷たらしいリアルを巡って、理性と本能の発する究極の問いに我々はどのように答えればいいのか。
>|