わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを…

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

Narin

Narinの感想・評価

3.0
Call me by your nameが見たくてアップとして(?)見たLGBT映画。

でも内容はLGBTに限らずもっと普遍的で、「愛」について深く描いていた。のだと思う。

けれど私にはまだまだ難しかったなあ
グザヴィエ・ドランの世界観に入り込むにはまだ未熟なのかもしれない。(笑)
もう少し人生の経験を積んだらまた一度見てみよう
えなり

えなりの感想・評価

4.0
ドラン監督の作品って感情を映像で表現してるのいつもすごい〜100%受け入れるのがいつでも正しい愛ってわけじゃないんだな〜
桜

桜の感想・評価

4.2
Bette Davis Eyes のシーンが好き。でもやっぱり2人の喧嘩に関係性が凝縮されている気がした。長くて、本当に喧嘩ばかりで観るのに相当のエネルギーを要するけど観ておいてよかった。
KUMAGORO

KUMAGOROの感想・評価

4.2
せつない。感情があらゆる方法で表現されていて綺麗。見たあとの余韻で一週間位引きずってしまった。
green

greenの感想・評価

3.5
想像以上に長く感じた。途中で飽きそうになったけど何とか最後まで見れた。
ドラン作品はどれも終わり方と音楽が素敵。
18/113
ひかり

ひかりの感想・評価

5.0
最近めちゃめちゃ不眠で、夜通し起きていることがしばしばあり、どうせなら長い映画で見るかと見始めたたんですけどめちゃめちゃ良くて後半動揺しました。なぜ今まで見なかったんじゃと。

グザヴィエ・ドランの映画って、前にマミーを見たことがあって、なんつーかあんまりにもひりついたあんまりにも苦しい映画だったので全部見られなかったんですよ。最後まで。
で、なんかそのイメージが色濃く残ってて、これを見始めるのにもすごーく時間がかかって。
悲しい気分の時には絶対見られない、と思って延ばし延ばししてたんですけど、見てみたらこれは…

いや確かにね、マミーのような、閉塞感や現実の残酷さみたいなものはあったんですよ。
でも最後が!最後があまりにも美しいじゃないですか。舞う枯葉、駆け抜ける、二人の女。その場にいる、生きているっていうことが、それまでの愛の証明のような。

無垢な日々の思い出、傷つけあった思い出、全てがあってあのラストにつながっていくのだとしたら、これは新しいハッピーエンドだな、と思いました。
とにかくあのラスト5分くらいのカットは全てが完璧で美しく、グザヴィエ・ドランの才能に、1つの宝石のような確かさを感じました
あたみ

あたみの感想・評価

3.8
新文芸坐オールナイト上映
デビットボウイ?みたいな時代
フランス映画は当分見なくていいと思うくらいの質と量、疲れる
みき

みきの感想・評価

4.3
ドラン監督の映像きれいだしオシャレだし丁寧ですき╰(*´︶`*)╯♡
フレッドの演技がうますぎて苦しい気持ちとかが伝わってきて本当に苦しかった私まで。
ありのままの姿で愛する人と一緒にいたいだけなのにそれが出来ない苦しさとか受け入れられない方の苦しさとか、とりあえず苦しい映画だった。でもそれ以上にすごいきれいな映画だなと感じた
やはり画づくりと音楽。見てて確かに面白い。ただちょっと長い。
RURIKO

RURIKOの感想・評価

3.9
“Bonjour, Madame!”のシーンが印象強い。

カフェでのシーンは胸が熱くなって涙が溢れ出した。

C’est Laurence, anyways.
>|