わたしはロランスの作品情報・感想・評価・動画配信

わたしはロランス2012年製作の映画)

Laurence Anyways

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

sunflower

sunflowerの感想・評価

4.0
あるシーンを見て、ある日の出来事を思い出した。

ある日会社で、部署一同が会議室に集められ、A氏が、自分はLGBTQの当事者であるとカミングアウトなさった。

みんな薄々は気付いていたし、「えっ、わざわざ仕事中に集められて何かと思えば、そんなことですか?そんなのとっくに知ってますけど。あの、もう仕事に戻っていいすか?」くらいの、至極あっさりした反応だった。

皆、受け入れるも何も、こっちはハナから特別視なんてしちゃいやしませんけども?という自然な反応だった。

それがA氏にとって、期待通りのリアクションだったのかどうかは分からない。

けれど私としては、うちもなかなかいい会社じゃないかと思った。(外資なので日本人は少なく、様々な宗教の人がいますし、A氏以外にも当事者と思しき人は何人もいるので、色々な人がいて当然、というマインドがベースにある事が大きいかもしれませんが。)

この作品の中で、ある女性生徒が、「8ページなんですけど、」という発言により沈黙を破ったシーンが、とても良かった。

それから、フレッドがとてもいい女性ですよね。
何故か、シンガーのAIさんを思い出しました。

AIさんも、何があっても受け入れてくれそうな、度量の大きさを感じます😊




以下、ネタバレになってしまいますが、

彼らが最後に別れを選んでしまったのは、別に性別がどうとかではなくて、よくある男女の別れのように感じました。良い意味で。

人間誰しも、男だろうが女だろうが、本当の愛に辿り着くまで回り道をする事はあるし、せっかく見つけても、取りこぼしてしまう事だってある。
ドランの映画、なんか「グロい」って感じるんだよなぁ、なんでだろ
2020.NO.89
強くて美しかった。
心情の描き方が繊細だけれど大胆。
カラフルな色彩と音楽がすてき。
SASHIMI

SASHIMIの感想・評価

4.0
演出、音楽、ストーリー、全て良い…。刺さる言葉がいっぱいあった。
madoran

madoranの感想・評価

4.6
人生は選択の連続。共生していく難しさ…一生ものの愛を感じた。画面構成も表現もとても魅力的だったし、人が怒っているシーンで初めて泣いた。ちょっと違うけど、リリーのすべてを思い出した。
Linda

Lindaの感想・評価

4.0
ワンシーン、ワンシーンが絵になってた。

色、背景とかのディテール、素敵だったなあ。

あと、人の気持ちを音楽で表現してるの、すっごい好きだった。

激しい感情を言葉で表すのは主人公の二人だけなの。二人の世界なのよ。

良作
優那

優那の感想・評価

3.8
めちゃくちゃ観るのに時間かかった。
2日間で3回に分けてみた。LGBTQ系はどうしても感情移入しきれない部分があって難しい。けど、結局性別とかはあとからついてくるもので、ロランスとフレッド っていう「男」と「女」じゃなくて「人間」と「人間」の話だなと思った。

長編プロモーションビデオ みたいな印象でこういう抽象的なのが苦手だって人もいるけど私は直球ど真ん中で好き。
ポスターにもなってる2人が旅に出るシーンがもうたまらなく素敵。
パーティのシーンでドラン本人がバチバチにキメてほんとに一瞬出てくるとかお洒落すぎて頭抱えた。

ラストシーンの説明を誰かしてください、ってかんじです。
アヤカ

アヤカの感想・評価

4.0
愛が全てを変えてくれたらいいのに…
完全に他人を理解したり自分の考えを変えることはできない。
むすび

むすびの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

⑥⑤

もう戻れない2人には、カラフルな下着が舞っていた。この映画は私たちがまだ越えられない現実を描いているように思えた。
涙を流すシーンを滝のように上から水を降らす演出が凄すぎて何も言えない。演技といい、色彩といい、音楽といい、演出、ストーリー、すべてにおいて超越していた。

あと、どの国のポスターもどこを切り取って魅せたいか伝わってくるし、それぞれ違うのも最高、素敵すぎ。

「愛がすべてを変えてくれたらいいのに」
LALA

LALAの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ロランスとフレッド。
今の時代に二人がいたら、あのままずっと最高のバディでいられたのかな。
それともロランスが言ったように結局ダメになってたのかな。

ソウルメイトなのに、こんなにもお互い愛し合ってるのに、、。

好き。
>|