わたしはロランスの作品情報・感想・評価

わたしはロランス2012年製作の映画)

LAURENCE ANYWAYS

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

4.0

あらすじ

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを…

30歳の誕生日、国語教師のロランスは恋人のフレッドにある秘密を打ち明ける。 「僕は女になりたい。この体は間違えて生まれてきてしまったんだ」 それを聞いたフレッドはロランスを激しく非難する。2人がこれまでに築いてきたもの、フレッドが愛したものが否定されたように思えたのだ。しかし、ロランスを失うことを恐れたフレッドは、ロランスの最大の理解者、支持者として、一緒に生きていくことを決意する。メイクを教え、女性の服装で生活すべきだと促すも、モントリオールの田舎町で生活するのは困難がつきまとう。あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての"スペシャル"であり続けることができるのか…?

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

Nanami

Nanamiの感想・評価

3.5
体と心の違いを理解しようとしない人たちへの怒りと幻想の中の冷たいやるせない現実突きつけられた感
この人の映画はいつでも綺麗
にしても長い、、、
YukiKato

YukiKatoの感想・評価

4.6
どうしたらこんな風に感情をうつせるのかふしぎで仕方ない、こんなにクリアな映像なのに
手紙の中身の見せ方ってすごいセンスが出ると思うんだけど、あれは、完敗だった
yuriko

yurikoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

・冒頭の洗車のシーン
超うるさい中で大切なことを話そうとする。音に紛れてイライラが表現されてた?

・映画自体、ここで終わるのかなと思ったらその先へと続くもどかしさ
→恋愛の幕引きの悪さのようなものを感じた、ずるずるなってしまう

メイキングも少し見たけど主人公の気持ちの変化を微妙な演技演出で表現していて、そんなの全く気づかずにスルーしてた
細かい作り込みにあっぱれ

ラストシーンでそこもってくるかー

結局誰の子?
Guy

Guyの感想・評価

3.7
血だらけになりながら母親に今から散歩に行こう、と愛を確認するロランス
泣きながら冷たくしないでと子供のように訴えかけてる最中に電話を切られてしまう。電話をボコボコに殴りつけ壊したすぐ次のカットは土曜日のランチ
フレッドは無神経なおばさんウェイトレスにロランスの格好をしつこく触れられテーブルのものを全てひっくり返して大声で溜まりに溜まったストレスをぶつけまくる。
燃え滾る愛と約束されたかのように破局する2人
現実離れしたコミカルなカットと文句のつけようのない寒い季節の映像美
いろんな種類の葛藤と爆音で響く音楽が身体中を刺激してただただ時間を忘れて動けなくなってしまいました。
2時間10分のハッピーエンドラブストーリーで終わっても全くおかしくない傑作だが、ドラン監督の美学はその先にこそ存在するのかもしれません。
多摩川

多摩川の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

23、24歳で監督した作品がこれだと、当然世界中が嫉妬するよなという感じ。加えてカメオ出演カットの破壊的イケメンぶり。人の機微を捉え視覚化する能力が高くて、随所に見られる「じんわりズームイン/バック」がまさにそれ。ロランスが初めて女装して教壇に立ち、生徒から質問を受ける→ピコピコ電子音と共にじんわりズーム、あのシーンは思わず声が出た。人の感情がわずかに振れるその瞬間を切り取るのが巧すぎる。

全編通して怒りの描き方も最高。
HARU

HARUの感想・評価

3.8

ドラン監督の映画を観るのは4作目。
ドラン監督の映画は全部が全部美しくて、
観る度にため息が出るほど。

今作も、うるさいくらいお洒落、お洒落。
もうおしゃれすぎてムカつくほど、
好みドンピシャの
家具と食器とアクセサリーと…………
この映画の小道具か衣装を買い取りたいくらい、抜群におしゃれ。(高そう)

特に「あ〜〜〜おしゃれ〜〜!!」
と思ったのは、
・車の中でアンティーク調のグラスを掲げて騒ぐところ。
・ステンドグラスのカフェで二人が話すところ。
・船の中から外を歩くロランスを映したところ。
・画面に文字がバン!!!!

「わたしはロランス」と聞けば、素敵な映像がばーーっと一気に頭の中で鮮やかに蘇ってくるくらい、印象的なシーンが尽きない映画だった。

でもドラン監督の映画が素晴らしいのは、
ストーリーや登場人物の心情も、
しっかりと描かれていること。
そして美しい映像たちは、あくまでも
それらをバックアップする役割であること。

綺麗な映像に見惚れているうちに、
どばどばと感情の波が流れ込んでくるのは
観ていて気持ちが良いし、
感情移入がし易い。

女性になりたいロランス。
そしてロランスを愛するフレッド。
ロランスよりも、フレッドに感情移入してしまう。好きな人に「女の人の格好をして女性になりたい」と打ち明けられた時の衝撃、それを受け入れていく中でも、本当に辛い思いを沢山したのだと思う。それがセリフなどで直接的にわかるのではなく、役者さんの表情やストーリーの展開で間接的にわかるのが余計に辛い。

フレッドにとって辛い恋なのに、本当なら「あなたとは一緒にいたくない」と言えたら楽なのに、それでもロランスを愛するフレッドの想いが、後半にかけて痛いほど見えてくる。
somebody

somebodyの感想・評価

4.3
DVD #171118

ラストでグッと、グッときた。
ドランのプレイリストを覗いた感じ。
Mally

Mallyの感想・評価

3.7
髪が伸びてどんどん綺麗になるロランスを見て、せっかく女に生まれたし美しく生きることをもっと楽しもうと思った。

映画としては長編が苦手な私にはちょっと…だったな…。長さを感じさせないというレビューもあるけど私には長かった。
大傑作。
オス(性別という意味)に生まれた人間が男(社会的な意味)になる必然性はない。メスが女になる必然性がないのと同様に。
ほとんどのオスは社会的強制力によって男になるだけだ。ただそれだけのことだ。
本能が壊れているからか知らないが、人間それぞれの世界の見え方というのは異なっている。だから、ある事柄に対する考え方は1つであるはずがないし、またその考え方を他人に強制することも違うし、それはやってはいけないことだと思う。
僕が世界中の人間に期待することは、こだわりを持ちすぎないで欲しいということと、他人に干渉しすぎないで欲しいということだ。
多分そういう映画だ。
かーく

かーくの感想・評価

3.8

すべてに説得力があって心打たれる
本当に愛し合っているのに切ない
センスがなんだ!と身構えていたけど
特にラスト…曲にやられた
>|