わたしはロランスの作品情報・感想・評価・動画配信

わたしはロランス2012年製作の映画)

Laurence Anyways

上映日:2013年09月07日

製作国:

上映時間:168分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「わたしはロランス」に投稿された感想・評価

YEVS

YEVSの感想・評価

5.0
『マイノリティー』や『LGBTQ』など
そんな言葉を使わない言わば
この関係が"当たり前"と思える
そんな環境に早くなれば良いのにな
あと一瞬映るドランが良かったね〜〜🌹
グザヴィエドランは一人の人の感情にフォーカスして、それを俳優人の演技だけじゃなく、演出で表現するのがうまいなーと思う。
やっぱりセンスがいい。
レストランでのフレッドはカッコ良かったし、痺れたなぁ。
グザヴィエドランの作品を観ているとスタンリーキューブリックの作品を思い出すのは私だけ?
そー

そーの感想・評価

4.5
カメラワークと非現実的な表現を巧みに使い魅了させられた。少し長かったがラストは鳥肌。
ナナ

ナナの感想・評価

4.3
3時間弱、体力消耗しながら鑑賞しました。人間って外見、内面、考えとか趣味嗜好も本当に一括りにできない色々な形があって、そこから作られていく関係も様々なものがあって良いと思います。それが面白い!2人の関係性って何か恋愛だけじゃなくて、色々な意味でのパートナーって感じがして素敵だなと思いました。記録
sawak

sawakの感想・評価

4.5
性を超越した恋愛は存在しうるのか。
性同一性障害をテーマにしながら、性が一致しないロランス以上に、恋人が男から女に変わった事に苦悶するフレッドの描写に重心が置かれている。

こういうラスト一行で仕留める作品が好きで好きで仕方がない。

時折挟まれるニューウェーブに彩られたサイケ感も作品の重層化に貢献していた。
ヮ

ヮの感想・評価

4.1
フレッドの新しい家が悪趣味なほど清潔・洗練されていて赤髪とマッチしていなかった。
「息子より愛している」という台詞と部屋に滝が流れるシーン(壁紙が雨のよう)が印象的だった。
母親に泣きついたり、プレゼント交換したりしていて羨ましかった。
kkaaolin

kkaaolinの感想・評価

3.6
性同一性障害というより、恋愛関係にある大人同士が直面しがちな危機のひとつとして誰でも身近に感じられそうなものとして描こうとしているというレビューしっくり。

ロランスとフレッドは愛し合っていて、どちらが悪いとかないのに、自分を保つためには別れざるを得なかったんだよねぇ。
aya920

aya920の感想・評価

4.4
長いけどラストの3分で総て報われる。
自分自身よりも大切にしたいと思える誰かの存在なしにアイデンティティは確立し得ないのかもしれない。
ポカリ

ポカリの感想・評価

3.5
3時間近い作品なので気後れしていたものの、長さや退屈は感じさせないストーリー運び。傾向的には『リリーのすべて』と似ているかも。性自認や性的思考を理解してくれるパートナーや身内がいるって素晴らしいことだと思う。中盤辺りで交響曲第5番と映像の掛け合いになるシーンでテンション上がった!!
色彩に富んだこの映画こそが、レインボーフラッグそのものなのかもしれない
>|