ねぎお

パトリオット・デイのねぎおのレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.5
ピーター・バーグ監督マーク・ウォールバーグ主演。
映画としては同コンビの「バーニングオーシャン」と同じ構図。実話をベースとして証言をもとにドキュメンタリータッチで見せる映画。

しかし観ていて辛い。無差別殺人犯人は、信じる宗教が何であれ許せない。

・・・ボストン市民、アメリカ国民にはこの映画が必要だったのだと思います。
「強く生きる」言うのは簡単ですが、映像の最後にある本人たちのインタビューには涙を禁じ得ません。ここまで話せるようになるまでどんな苦しみがあったかを思うと、画面に向かってただ拍手を送りたい気持ちです。