アスキッカー洋画アクション映画

パトリオット・デイのアスキッカー洋画アクション映画のレビュー・感想・評価

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)
4.0
『パトリオットデイ』


2013年4/15日、ボストンマラソン中に爆弾テロが起こる。その犯人をわずか102時間で逮捕に至った顛末を描く。
国によって宗教による思想は異なるがやはりテロという行為に移すのは間違ってる思う。彼らにも考えがあるがそれを暴力で意思表示するのでなく、言葉でそれを表現すべきだと思う。
なんの罪もない人々が命を落とし、手足を失った。だが、彼らは生きる希望を失ってはいなかった。優秀な警官とFBIが必死に捜査したことによって犯人逮捕に繋がったと感じた。
このような映画がこれから先作られないことを祈る。