ササキ・タカシ

インサイド・ヘッドのササキ・タカシのレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
4.0
ここ数年見た映画の中で一番どうかしてるやつ。マッドマックスよりマッドがマックスだよ!

大脳辺縁系のメカニズムを全部サイケなキャラと美術で具象化し、物語るは子供が精神的に成長するためのイニシエーション。「ネタがかぶってる」と噂されていた『脳内ポイズンベリー』みたいな脳内会議の描写を序盤で早々に切り上げ、主軸となるのは狂ったディズニーランドのごとき脳世界を廻るアドベンチャー。まじこんな映画見たことないよ、みんなピクサーだからって当然のように受け入れてるかもしれないけど、映画の表現の水準がひとつ底上げされたくらいのレベルだぞ。どういう脳みそしてたらこんなクレイジーな発想ができるのか、スタッフの脳の中身を覗いてみたいわ。帰結するドラマだって完全に子供向けじゃないし、そりゃヒットしないぜこんなの、日曜の昼間に見たのにすげえ客が少なかったぞ! 連続でみた『ひつじのショーン』より客が入ってなかったわ! でも本国では当たり前のように興行成績が良いらしく、やっぱアメリカ人って頭おかしいよなこんな大麻キメながら見るような映画をファミリーで見てるだなんて…

正直、予告を見て「全然面白くなさそうじゃん…ピクサー終わったな…」って思っていたのだ。『トイストーリー3』を最後にちょっとパッとしない作品ばかりでディズニー本体に3DCGアニメの大家の役割を奪われていたピクサーが、やっと前線に復帰してきましたこの脳科学版トイストーリーとも言える珍作で。『カーズ2』とか何だったんでしょう。

しかし相も変わらず、過ぎ去りし時間とノスタルジーの要素でもって大人の涙腺を刺激してくれるピクサーですが、今回はフィクションで表現し得る最も完全な死の形のひとつ(=思い出の消滅)を描いていて、そこが何とも切なかったです。ライリーはもう彼のことを思い出すことはできないのかな。自分にもいたのだろうか、今はもう忘却の彼方に消えた、僕だけのための想像上の君が。